たけだなおや歯科クリニック

たけだなおや歯科クリニック

武田 直也院長

38657

「先生のおかげ」をもっと聞けることをめざす

―先生が医師をめざした理由を教えてください。

幼稚園の頃はパイロットになりたかったはずなのですが、小学校の卒業文集には「歯科医師になる」と書いていたようです。親戚に医療関係者が多かったこともあるのかな。とにかく、会社勤めはできないと思っていたんですよ。良くも悪くも自分の責任で白黒つけることができる仕事がいいと思っていました。歯科医師になり、今は院長としてスタッフのマネジメントも仕事ですが、仕事の意識や医療に対する考えをスタッフに植え付けるのは大変だと実感しています。この仕事はマニュアルがあるようでない。常に考えて行動しないといけない。だからスタッフには仕事でも私生活でも「なぜこれをここに置くのか」「なぜこの器具はこの形をしているのか」など常に考えろといっています。ものごとには理由があるわけですからね。そして予測行動をすることが大切。なかなか難しいけれど、そうやって考えて仕事をしたほうが成長できますからね。

―常にフル回転のようですが、お休みの日はどのようにリラックスされますか?

日曜日しか休みがないのですが、講習会に出たり平日にできなかった仕事をしたりと忙しいですね。でも月に1回はゴルフでコースを回るのが楽しみです。ゴルフのおもしろさ? 一筋縄ではいかないことですね。スコアも「先週はあんなに良かったのに、今週はこんなに悪い」ということがありますが、そんな時でも「次も頑張ろう」とやる気になるんです。そんな気持ちにさせてくれるのがゴルフ。だから続くんですよ(笑)。

―今後についてお聞かせください。

最近、「いつまでパワフルさを維持できるかな」と考えるようになり、診療所を継いでくれる後輩を育てようと考えています。長年付いてきてくれた患者さんをぶちっと切るわけにはいかないでしょう。もちろん、自分自身も努力を続けます。努力してはじめて現状維持ができますからね。新しいことを取り入れることも忘れません。歯科医師会の理事など、いくつかの役員を務めさせていただいていますが、歯科医師だけでなく医科の医師や薬剤師などともネットワークを築いて新しいことを得られるのは有意義です。そのために診療時間を時々変更してしまい、患者さんにご迷惑をおかけしてしまいますが、患者さんも「いってらっしゃい」なんて言ってくださるんですよ。熱心に通ってくださって、90歳を過ぎても全部自分の歯で噛める患者さんがいましてね。「先生のおかげ」と言っていただきました。本当にうれしい。こういう人をもっともっと増やしていきたいんです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細