全国のドクター8,593人の想いを取材
クリニック・病院 161,524件の情報を掲載(2019年11月21日現在)

昭和病院企業団 公立昭和病院

上西 紀夫 院長

99999 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

―高齢者の健康管理に大切なことは何でしょうか?

がんで言えば、診断と早期発見が重要です。企業健診は毎年受けても、定年後に住民検診を受ける人は数%です。何らかの症状があって来院すると、がんが進行しているというケースが多いので、各市の市民講座で話をしたり、ホームページに載せる、院内で広報するなどして、検診の重要性を伝えています。例えば、胃カメラの検査などは受けるのが大変ですが、今はピロリ菌とペプシノーゲンというたんぱく質を測って、胃がんのリスクがどれくらいあるかがわかる検査を当院でも取り入れています。大腸の内視鏡検査なども大量の下剤を飲む必要があるので、高齢者には負担が大きいため、当院ではCTC(仮想大腸内視鏡検査)を導入しています。この検査の場合、飲む下剤の量が少なく、一緒に薄いバリウムを飲むことで全体像の画像確認ができます。体に負担の少ない検査を取り入れることで、積極的に検診を受けていただき、健康寿命を維持していただきたいと思います。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細