こすが歯科医院

こすが歯科医院

小菅伊知郎院長

医療トピックス

顎のズレや噛み合わせなど
口腔由来で起こる体の痛みに着目

こすが歯科医院

自由診療

歯の治療をしたら体の調子が良くなった、逆に急に体調が悪くなったという経験はないだろうか。「こすが歯科医院」では、口腔内の問題が体の痛みや不調の原因ではないかという症例に出会ったことから、耳鳴り、しびれ、こわばり、痛み、不定愁訴、そして繊維筋通症などの症状が寛解する治療に取り組んでいる。「例えば胃が悪くて腰が痛くなることがありますよね。その場合は胃を治すことで腰の痛みも取れるわけです。口腔由来で体に痛みが出るということがあるならば、口腔内を治さない限り痛みは取れないということになります」と語る小菅伊知郎院長。顎のズレや噛み合わせが体の別の部分に症状として現れる。これまであまり着目されてこなかったこの分野に取り組む小菅院長にその診断方法や治療法などを詳しく聞いた。(取材日2017年2月16日)

噛み合わせや顎の歪みを治すことで体の痛みが取れることも。新しい歯科の可能性を秘めた治療への取り組み

体の痛みにアプローチする治療に力を入れているそうですね。

 ▲歯と全身の関係に着目して診療を行う小菅院長 従来、さまざまな体の痛みや違和感について、歯や口腔は原因ではないとされてきました。しかし、以前、診療のなかで噛み合わせの調整をしたところ、痛みが寛解するということがあったんです。繊維筋痛症により全身に出る痛みに悩んでいた患者さんの歯に、通常は矯正器具から口腔内を保護するシリコンのような材質の歯科矯正用ワックスを一時的に噛み合わせや顎のズレなどのバランスを整えるために置いてみたところ、痛みがなくなったという事例がそのひとつです。「詰め物を入れると体が解れます。取るとまた痛くなってしょうがない」という訴えや歯がない状態では立ち姿勢でバランスを取ることが難しいことが示された例もありました。

どのような症状が口腔由来の可能性があるのですか?

 ▲全身に出る痛みや違和感などを訴えて来院する患者も たとえば顎関節症、肩こり、四十肩、腰痛など筋骨格の筋を主体とする痛み、筋肉の緊張のバランスがうまく取れない緊張性頭痛、あとは体の広範囲に痛みが走る繊維筋痛症などです。疫学調査上では、肩こりという病気、腰痛という病気があるのではなく、本質はひとつの病気で痛みがたまたま肩に出た、腰に出たという捉え方をします。しかし、それらの調査はあくまでも医科に関するもので、歯科に関してはまだ誰も調査していないというのが実際のところです。顎関節症と噛み合わせの関係は他院でも言われていることですが、全身疾患と歯の関係についてはまだ検討の余地があると思います。

先生が医院独自で取り組んでいらっしゃることを教えてください。

 ▲詳細なシミュレーションをもとに治療方法を患者と相談する たとえば患者さんが自分ではきちんと噛んでいるつもりでも、実際には噛めていないことがあります。僕はそこに歯科矯正用ワックスを詰めてシミュレーションし、その後プラスチックを仮のセメントで貼ってしばらく観察します。その状態で楽だということがわかれば「じゃあこの歯をこう動かしましょう、補綴を変えませんか」とロジカルになります。基準がない中で貼り付けるのは怖いので、まず指標を作ろうということで、歪みをより正確に測定するための方法を模索しています。

実際の治療はどのようなものになるのでしょうか?

 ▲治療方法は矯正治療、補綴治療などさまざまだ 患者さんが来院されたとき、歯に関することを知るために作った問診表に記入していただきます。体の痛みなどがある場合、アメリカリウマチ学会が定めた11項目と慢性疲労症候群独特の症状を確かめる質問表に記入していただき、その後、問診と触診。歯科矯正用ワックスを使ってシミュレーションした後、歪みを計測し、どのくらいズレているのか、その割合などを診ていきます。そこで初めて噛み合わせを調整するための矯正治療、入れ歯、インプラントなどの補綴治療といった選択肢が見えてきます。

この分野の今後についてどのように考えていらっしゃいますか?

 ▲口腔由来の症状に関する診断、治療の研究が進んでほしいと願う 定量化したデータを基準として、治療するかどうかは患者さんと一緒に選択していきたいと考えています。歯科医師には口腔以外のレントゲンを撮ることができないために盲点になっているというのが現状です。多くの歯科医師が疫学調査をして、歯科矯正用ワックスなどを用いたシミュレーションを重ねていき、そのようなデータを積み上げていけば、治せるかどうかは別にしても治療により慎重になるのではないでしょうか。大学病院などで、この研究が進んでいくことを期待しています。

料金の目安

診断料 16,200円

ドクターからのメッセージ

小菅伊知郎院長

歯と全身のことを気にしている方のニーズに対して、歯科医師がどこまで応えないといけないのかということにこだわる歯科医師が世の中にいてもいいのではないでしょうか。食べる楽しさ、味わい深さは歯から。それは咀嚼するからであり、そこに噛み合わせというキーワードがハマッてくるわけです。おいしく食すというのは、結局バランスが整っていなければ駄目なので、僕は何を診るのかというとバランスです。そのバランスの悪さが生活に支障がない範囲なら問題になりませんが、明らかに生活していく上で支障が出ていて、その症状がバランスを整えることで寛解するならば、患者さんと一緒に考え、一緒に取り組んでいきたいと考えています。

記事更新日:2017/03/10
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細