全国のドクター9,078人の想いを取材
クリニック・病院 159,060件の情報を掲載(2024年3月03日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 府中市
  4. 中河原駅
  5. 村木整形外科
  6. 患者の「治したい」を後押し豊富な経験を生かし患者の不安を軽減

患者の「治したい」を後押し
豊富な経験を生かし患者の不安を軽減

村木整形外科

(府中市/中河原駅)

最終更新日:2024/01/15

村木整形外科 患者の「治したい」を後押し 豊富な経験を生かし患者の不安を軽減 村木整形外科 患者の「治したい」を後押し 豊富な経験を生かし患者の不安を軽減
  • 保険診療

加齢に伴い歩行や階段昇降に困難を感じると、その生活の質は顕著に低下する。年齢を重ねた人であれば、誰にでも起こり得る症状。症状改善のために手術に前向きに取り組む患者がいる一方で、「老化」を理由に諦めてしまう患者も少なくないだろう。改善のためには、理学療法士と取り組むリハビリテーションも大切だ。「当院では、患者さんの治りたいという気持ちを持続してもらうために、さまざまな工夫を随所に行っている」と話すのは、「村木整形外科」の理学療法士である岩澤脩さん。外来で理学療法を提供するにあたり、専門的な技術提供はもちろんのこと、患者の置かれた状況やメンタルケアなどにも心を配るという。同院の加齢による痛みを諦めることなく、その改善をめざす対処方法をレポートした。

(取材日2023年12月6日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Qクリニックの診療体制の特徴を教えてください。
A

当院の医療スタッフは、医師1人、理学療法士2人と看護師2人。小規模ではありますが、だからこそスタッフ間の緊密なコミュニケーションが保たれています。つねに全スタッフが、患者さんの状況やこれまでの経過を共有しているため、各医療スタッフが、患者さんに同じ質問を繰り返して確認するような状況を回避できます。当院の特徴の一つは、外来で、理学療法士による運動器リハビリテーションを受けられること。一時は患者さんが増え、予約が取りにくい場合もありましたが、理学療法士を増員し、これまで以上に充実した運動器リハビリテーションを提供できる体制を整えました。

Q治療法やリハビリテーションの内容はどのように決めていますか?
A

最初に基本的な検査を行います。当院内でエックス線検査、骨密度検査と徒手検査です。血液検査と必要に応じてMRIやCT検査を行う場合は他院と連携します。問診と検査結果を診て、医師が診断。その後、医師が治療内容を検討します。理学療法が適する場合は、医師と理学療法士がリハビリテーションプログラムを作成。高齢者の治療内容を決める際に重視するのは、変化が見込めることと、時間と費用の妥当性です。高齢者によくご提案する対処法としては、薬物療法、注射療法や理学療法などが挙げられます。その理由はすぐに対処可能で、変化につながりやすいため。継続意欲を維持するには、小さくても効果を実感できることが大切です。

Qリハビリテーション中に患者が心がけることはありますか。
A

患者さんが、「治りたい」という思いを持ち続けることが大切。その気持ちがあれば、理学療法を行うアクションにつながります。他院で「治療は難しい」と言われ、諦めていた症状であっても、経験豊富な専門の医師や理学療法士が在籍する医院に再度相談することが重要です。高齢者のご相談の多くは、腰や膝の痛み、歩行時や階段昇降時の不自由など。「年だから仕方がない」と諦めてしまう方は、少なくありません。薬物療法、注射療法や運動器リハビリテーションを組み合わせることで、改善がめざせることもあります。その方に合ったプログラムを、医師と理学療法士が作成。理学療法士が、運動機能回復のためのリハビリテーションを行います。

検診・治療START!ステップで紹介します

1問診
村木整形外科 問診

患者のトラブル状況を確認するために、問診票内容の問いかけと患者への質疑応答を行う。主な確認事項は、症状、現病歴、既往歴や外傷に至った経緯など。高齢者の多くは基礎疾患があり、整形外科以外の他科に通院するケースや既往歴が多い場合もあるため、患者は受診の際に「お薬手帳」を用意することが望ましい。若年層や壮年層の問診と比べて、より詳細に「治療上の注意」をチェックする。

2検査・診断
村木整形外科 検査・診断

問診が終了すると、医師は患者に必要な検査項目を決定。主な検査は、同院内で実施可能なエックス線検査のほか、患者の痛みの程度や神経状態を確認するために、患部と思われる部位を動かし、伸ばすなどの徒手検査だ。この検査によって、状態の把握と治療すべき部位を特定。患部の炎症有無や炎症レベルを把握するための血液検査や、MRIやCT検査が必要な場合は連携医院に紹介して実施。その後に診断となる。

3一人ひとりに合わせたプログラムを作成
村木整形外科 一人ひとりに合わせたプログラムを作成

薬の処方が基本になるが、すでに基礎疾患があり複数の薬剤を服薬していて、さらに薬を追加することを避けたい場合は、あらかじめ医師に伝えておこう。その場合は注射療法がメインになるが、注射を避けたい場合にも、その旨を伝えることで柔軟に治療内容を変更可能だ。患者本人の希望を最大限に尊重するスタイルで、診療のプログラムを作成する。

4理学療法の実施
村木整形外科 理学療法の実施

医師が理学療法が適していると判断した場合、検査結果に応じて作成したプログラムに合わせて理学療法を行う。理学療法士は、血圧に関わるリスクおよび骨のもろさなどへ配慮しながら、慎重に施術する。高齢の患者の場合、基本的にめざすゴールは、不自由のない歩行と階段昇降だ。このゴールをめざして、筋力トレーニングとストレッチに関する指導を行う。

5自宅でも可能なエクササイズもアドバイス
村木整形外科 自宅でも可能なエクササイズもアドバイス

症状改善には、患者本人の「治したい」という気持ちが重要だが、足が不自由なため、通院自体が苦痛になる場合もある。頻繁な通院が難しい患者に対しては、理学療法士が自宅で可能なエクササイズをアドバイスする。

ドクターからのメッセージ

村木 真院長

歩行や階段昇降に不自由を感じ始める世代の多くは、地元クリニックで理学療法士からケアを受けたいと願うでしょう。理学療法士の多くは、手術を受けた患者さんに対して同じ病院内で専門的なケアを施すスタイルが一般的で、手術を行わずに理学療法のみ提供するクリニックは多くないと思います。当院の強みの一つは、クリニックで理学療法士によるリハビリテーションを受けられること。活発な行動は難しくても、日常的な生活はスムーズに行いたいと願うのは誰もが思うことでしょう。患者さんのお悩みや負担の改善につながる方法を追求し、自信を持って医療を提供していますので、安心してご相談いただきたいと思います。

村木 真院長 村木整形外科
Access