つばさデンタルクリニック

つばさデンタルクリニック

井上 博先生

頼れるドクター

38035

レーザー治療で無駄と痛みの少ない治療を実現

―高齢者のほかには、お子さんも多いのですか?

お子さんも来院されますので、待合室にはキッズスペースを、トイレにはおむつ交換台を設置しました。また、患者さんには私と同年代の中高年の方々も多く来られますよ。クリーニングや審美歯科を目的に来院されますね。そんな方々の歯のケアをする際に大事にしているのは、やっぱり一人ひとりに合わせた対応をすること。定期的に歯磨きをしている人でも、ちゃんと磨けている人も入れば、磨き過ぎで歯が削れてしまったり知覚過敏になってしまったりしている人もいます。だから、一律に「一日何回磨いて」とアドバイスするのではなく、人によっては「この歯は2~3日磨かないで」なんて言うこともあります。その人の状態に合わせることが重要なのです。

―治療の特長はありますか?

レーザー治療を積極的に取り入れています。レーザーは歯槽膿漏や口内炎の治療でも役立ちますし、虫歯も削ることができるんですよ。虫歯で柔らかくなってしまった部分だけを削ることができるので、無駄に削ってしまうリスクがありません。また痛みもないので、削ることに対して恐怖心がある方にはお勧めですね。少し治療時間がかかるのがデメリットですが、保険治療で行うことができますので、患者さんの希望に合わせて使用しています。また中河原の分院には3DのCT機器を導入していますので、必要な患者さんは分院に行っていただき、速やかに撮影して治療に生かしています。

―ところで、理事長が歯科医師をめざしたのはなぜですか?

私の祖父がきっかけですね。祖父は歯が1本しかなく、とても痩せていました。昔の人は歯科に「怖い」というイメージを持っている人が多かった上、祖父は甲府からも離れた山奥に住んでいたので、なかなか歯科に行く機会がなかったようです。だから、昔から「僕が歯科医師になって入れ歯を入れてあげる」と家族に宣言していました。私が中学1年生の時に祖父は他界してしまったのですが、歯科医師になってから高齢者の方に入れ歯の治療をして差し上げることもあります。そんなときにいつも思うのは、得意不得意なく診て、どんな人でも救ってあげたいということ。幅広く経験を積んできたのはそのためです。

記事更新日:2017/04/27


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細