医療法人社団福神会 柴田産婦人科医院

医療法人社団福神会 柴田産婦人科医院

柴田 穣一院長、柴田 浩之副院長

37823

家族のように一人ひとりを思った治療方針を

―診療の際に気を付けていることは何ですか?

【院長】勤務医の頃、高齢出産で帝王切開を望んでいる患者さまがいました。しかし、まだ自然分娩が可能だからとお話しし、自然分娩で無事出産をされたのです。しかし、実は心から納得されていなかったみたいで。退院の時に、ご満足なお顔をされていなかったのです。その時、いくら医学的にも患者さまの体のために最善だと思った方法でも、患者さまが納得された方法でなければ意味がないのだと感じました。それからは、患者さまととことん話し合い、「産んでよかった」と思っていただけるような喜び溢れるお産ができるよう努めています。

―副院長はいかがですか?

【副院長】患者さま一人ひとりを、自分の家族だったらどうするか? と考えながら診療することですね。当然、治療や手術をする際には医師としての的確な判断も必要ですが、治療方針においては一人ひとりに親身になりたいのです。いくら忙しくても常に医師の使命感に立ち返り、その患者さまにとっての最善を考えていきたいと思っています。

―産婦人科医としてやりがいを感じる瞬間は?

【院長】長時間におよぶお産の後でも、元気で産まれてくる赤ちゃんを見ると、疲れなんてすぐに吹っ飛んでしまいます。子どもは宝と言いますが、本当にそのとおり。ご家族にとって、子どもの誕生は何事にも代えがたい喜びなのです。普段は近所の公園にも行かないおばあちゃんが、ひ孫が生まれたからと九州から飛行機に飛び乗って会いにやって来る、なんてことも。そんな感動の場面に立ち会い、喜びを共感できることが、何よりのやりがいです。だからこそ、より安全により良い出産をめざしています。

―副院長はいかがですか?

【副院長】どんな科であっても無事退院される患者さまを見送ることができるのはうれしい瞬間です。なかでも新しい家族が増えた喜びを共有しながら退院を見送ることができるのは、産婦人科だけなのです。だからこそ、より多くの患者さまにその喜びを感じていただきたい。もちろん、中にはリスクの高いお産や、流産、死産という悲しい出来事もあります。しかし、それを少しでも減らすために私たちは努力しています。時には医療連携を通じて、患者さまにとってより良い医療をご提供し、いいお産をしていただくために力を尽くすことができる産婦人科医は、やりがいに溢れた仕事ですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細