全国のドクター8,992人の想いを取材
クリニック・病院 161,454件の情報を掲載(2020年2月23日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 墨田区
  4. 押上〈スカイツリー前〉駅
  5. あいび歯科医院
  6. 三宅あいび 院長

三宅あいび 院長の独自取材記事

あいび歯科医院

(墨田区/押上〈スカイツリー前〉駅)

最終更新日:2019/08/28

%e4%bf%ae%e6%ad%a336098 %e3%81%82%e3%81%84%e3%81%b3%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

スカイツリーが目前に迫る、押上駅から徒歩5分。浅草通り沿いにある「あいび歯科医院」は、患者とのコミュニケーションを大切にした、親身な治療が評判のクリニックだ。院内には長年通い続けている患者からの写真や手作りの品が飾られている。院長を務めるのは三宅あいび先生。自身も3人のお子さんを育てた“働くお母さん”だ。新型の機材や治療法を積極的に導入し、虫歯や歯周病治療といった一般歯科のほか、ホワイトニングといった審美歯科も提供するなど口元の悩みを総合的に診療している。「おいしく食べられて、大きな口で笑っておしゃべりができる」ことが治療のモットーという三宅先生に、詳しく話を聞いた。
(取材日2015年4月26日)

患者のハートを大切にした、親身な治療が魅力

こちらでは少人数制での治療を採用されていると伺いました。

20180418 1

そうですね、一度の治療で受けつける患者さんの数は最大でお二人までにさせていただいて、じっくりお話をしながら治療ができるようにと心がけています。その方のご希望ですとか、普段はどのようにお過ごしになられているのかなといった治療のヒントを知ることができるということももちろんありますし、なにより患者さんとお話するのが好きなんです。歯科医院というとどうしても緊張してしまう場所ですが、少しでも楽しい気持ちで治療にいらしていただけたらうれしいですね。患者さんのハートを大切にした治療が私の目標です。

温かみのある、親身な治療が評判ですね。

実は私自身を振り返ってみても、若い時には虫歯があれば削って詰めてと、症状に対応する治療が基本になっていたように思うんです。ですが虫歯の治療ひとつをとっても、「できるだけ天然の歯を削りたくない」という方も、「かぶせ物の色や素材にもこだわりたい」という方もいらっしゃいます。そうした患者さんのご要望にお応えできるように、従来からの保険適用の治療はもちろん、より身体に負担なく、治療効果の期待できる治療についても積極的に取り入れています。例えばレーザー治療もその一つです。

レーザー治療とはどのようなものでしょうか?

レーザー治療は強い人工的な光を当てることで、歯肉改善、虫歯の予防と治療などができます。ドリルでの治療と違い、虫歯の箇所のみを治療できるので、周囲の健康な歯に影響を与えないというメリットがあります。また不快な音や振動・痛みも少ないため、歯科が苦手という方でも比較的抵抗が少なく受けていただけますよ。ほかにも年齢、ライフスタイル、ご予算、お口の状態を診断した上で、お一人ずつの患者さまに合った治療をお選びいただけますので、「こんなことできないかな」「こういう治療は嫌だな」ということがありましたら、何でも教えてくださいね。

来院される方のお悩みや症状について教えてください。

20180418 2

お子さんからご高齢の方まで、さまざまな年代の方が来院されますね。治療内容も虫歯の治療から入れ歯、ホワイトニングまでさまざまです。押上は事業所も多いエリアですので、働き盛り世代の方がお昼休みや就業後にいらしていただけるように、月・水・金曜は11時から13時までと14時から18時30分まで、金曜は19時まで診療時間を設けました。忙しいとなかなか病院に行く時間が取れないものですが、ご予定に合わせて治療スケジュールを立てることもできますので、まずはぜひお電話をいただけたらと思います。

先進の機器を駆使し、質の高さにこだわった治療を提供

先生の治療へのこだわりについてもぜひ聞かせてください。

20180418 3

いくつになってもおいしく食事がいただけて、お口を大きく開けて、楽しくおしゃべりしていただけるように、普段のちょっとした治療から、噛み合わせや歯並びといった“機能の美しさ”と“視覚的な美しさ”の2つの要素を大切にしています。だからこそ使用する義歯の色味から、噛み合わせがわかりやすいのが、入れ歯作りの時でしょうか。入れ歯をつける上でまず求められるのは、噛み合わせやフィット感の良さといった機能性ですよね。だからといって、見た目やお顔に合っていない入れ歯をつけるのとでは、やはり使い続けることに抵抗感が出てきてしまうと思うんです。だからこそ入れ歯に入れる義歯の色味から噛み合わせのわずかな調節まで、何度もこだわりたいと考えていますし、また入れ歯の種類についても、保険適応の範囲にとらわれることなくご希望に合うものをお選びいただけるようにしています。

入れ歯一つをとっても、さまざまな種類や作り方があるのですね。

一例を挙げますと、歯が抜けてしまって部分入れ歯を作る際、保険適応されるのがバネ式入れ歯です。これは入れ歯の両端についたクラスプという金属性のバネがついており、残っている歯にこのバネを掛けることで装着するというものです。治療回数や費用も少なく、また残っている歯を削る必要もほとんどない点がメリットなのですが、お口を開けたときにバネが見えてしまうため、入れ歯をつけているのが知られてしまうとお悩みになる患者さんも少なくないんですね。またバネが掛かっている歯に負担をかけるのも気になる点です。一方、保険適用外の自由診療の入れ歯でしたら、磁石でつけるものや、入れ歯を装着するための結合装置を外から目立ちにくいように工夫したもの、金属バネを一切使わないものなど、見た目にも美しく、着け心地も良い入れ歯があります。「入れ歯を自分に合うものに変えたことで、毎日がとても楽しい」とおっしゃる患者さんもいるんですよ。

ホワイトニングにもこだわりがあるのだとか。

20180418 4

当院では日本人の歯質に合わせてつくられた、安全性に配慮したホワイトニングを導入しています。専用の薬剤を塗布して光を当てることで、美しい白い歯にすることができます。天然の歯を削ったり、かぶせ物をする必要はありません。時間は約45分から1時間程度、継続して受けていただけるように価格もぐっと抑えました。私自身も実際に使用していますが、気になる歯のくすみや着色汚れをきれいに取り除くことができますよ。効果については個人差がありますが、年齢を重ねた方も数回受けていただくことで、確実に効果を感じられるかと思います。急激に白くするのではなくて、自然に少しずつ口腔内に負担をかけることなくホワイトニングを行っていきますので、初めての方も安心してチャレンジしてくださいね。

治療の選択肢が広がる今、信頼できる歯科医院で施術を

先生が歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

20180418 5

私の家族の影響が大きいかもしれませんね。特に母からは「女は手に職を持っていなくてはだめ」と、口をすっぱくして言われていましたから。実は、母は助産婦と看護師の免許を持っていた、キャリアウーマンだったんです。若い時には開業もしていましたし、本当に働くことが好きだったのでしょうね。お母さんは家庭にいるということがほとんどという時代に、仕事に情熱を傾ける母の姿は、私にとって本当に誇りでした。だから働くのがもう、当たり前になっていましたね。結婚後も小田原の診療所で10年ほど、主人と二人で診療を行っていました。一日に100人近く、患者さんがいらっしゃるということもありましたね。出産後もクリニックの控え室に赤ちゃんを籠に入れて、みんなでミルクを飲ませたりね。ずっと働き続けてきたので、経験値ではちょっと負けないぞと思っています。

とてもパワフルに過ごされているのですね!

今もクリニックが休みの時には、主人のクリニックにも出ています。丸々一日休むのは、月に2回程度でしょうか。でも移動中に少し休んだり、ウィンドウショッピングに出かけたり。後はやっぱり宝塚観劇ですね。舞台に立ち頑張っている皆さんの姿を見ていると、本当に力が沸いてきます。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

20180418 6

今は保険内の診療だけでなく、より良い素材や先進の技術を用いた治療法を自由に選択できる時代になっています。部分入れ歯の例でもお伝えしましたが、丈夫さや耐久性、また他の歯やお口への影響や快適さも治療法によって大きく異なります。ですがすべての治療法にはメリットとデメリットがあるものですし、費用についてもクリニックごとに異なります。何より先進の治療だから誰にでも良いというものではないと私は思っています。だからこそ「この先生だったら何でも相談して、任せられる」というクリニックを見つけていただくことが大切なのだと思います。ぜひいろんなクリニックや先生を見て、自分と気持ちの合う先生のところで治療を受けてくださいね。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access