医療法人社団俊和会 寺田病院

寺田 俊明理事長

99999 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

―分院との連携、地域の医療機関との連携について教えてください。

巣鴨駅前や赤羽駅前、浅草駅前に分院のある意味は、本院と同クオリティの診療が家の近くでも受けられるようにするためです。各院長は本院の技術をもった先生が務めていますし、週1回は本院から外科手術を担当する先生が出向き、分院でも術後の様子を診られる体制を整えています。疾患が大きかったり、入院しての手術が必要な方は、治療は本院で、術後の通院は分院へと、患者さんの生活スタイルに合わせて治療を進めることができます。寺田病院に通うことが困難だった患者さん方のためにも、各地域に分院を構え、本院との連携を保つことが重要だと考えています。また、地域の医療機関との連携についても、それぞれの地域の医師会で他科の先生方とのネットワークを築いています。医院によってそれぞれ得意とする診療科が違いますから、他科での診療が必要となる患者さんのために、普段からしっかりネットワークを築くことを重視しています。

―最後に、今後の展望について一言お願いします。

これまでも内視鏡検査をはじめ、院内でさまざまな健診を行ってきましたが、これを一歩進め、健診センターを開くことを考えています。病院の本来の役目は病気の治療ですから、健診で病態を見つけ、病院は治療に特化するという体制をつくりたいです。そうすると当然、当院では専門ではない、対応できない病気も見つかるはずなので、「この病気ならあのクリニック、これはこの病院」という連携が非常に大切になります。そのような連携を深めていく中で、当院の専門性もまた生かされると思います。また、現在は近くに総合病院がなく、さまざまな病気の治療を一ヵ所で完結できないこのエリアの不便さをカバーするため、当院の病棟や手術室を技術を持つクリニックの先生方に開放して、医療モールをつくる構想もありますので、今後そういうこともできればいいなと思っています。



Access