砂町産科婦人科

砂町産科婦人科

杉浦 聡院長

頼れるドクター

34820

駐車場完備で通院や見舞いにも便利な「砂町産科婦人科」。分娩までを扱える医院として、江東区の砂町エリアを中心に数多くの分娩実績をあげている地域に根差したクリニックだ。両親学級やベビーマッサージ教室、産後のエステや子連れ入院の受け入れなど独自の取り組みでサポート体制も充実。杉浦聡院長は大学病院や日本赤十字社医療センターでハイリスク妊婦の管理や分娩に携わってきた経験豊富なドクター。自身も3人の子どもを持つ父であり、「自分の子どもに限らず、常に赤ちゃんの顔を見ていたいです」と話す無類の子ども好き。気さくな人柄で妊婦の不安な気持ちを笑顔で和らげる杉浦院長に、診療への思いやクリニックの取り組みなど、詳しく話を聞いた。
(取材日2016年3月16日)

子連れ入院もできる充実したサポート体制

―まず、開業までの経緯を教えてください。

医師になってからのキャリアのほとんどは、高度医療の現場で築きました。心臓病・甲状腺疾患・糖尿病・高齢出産などハイリスクの患者さんが多く、お産と外来で昼夜を問わない勤務でしたね。毎日深夜まで働くような状況でしたが、今の自分の礎となる経験ができました。全国から患者さんが集まる医療レベルの高い施設で勤務できたことは、とても有意義でした。その一方で、当時の大学病院では、多くの医師が関わることで見落としをなくすために同じ患者さんを二度診ないという方針だったため、私たち医師がなかなか患者さんの顔を覚えることができませんでした。患者さんが一生に一度か二度しかないような経験をしている時に、廊下で声を掛けられてもほとんど覚えていないわけです。患者さんにとっては最後まで同じ医師や助産師のほうが安心ですよね。私の場合は開業医の方が医療にかけるパッション、熱意を表現しやすいと考えました。

―診療方針をお聞かせください。

基本方針は何よりも「セーフティー・ファースト」、安全な出産を第一に考えています。お産はハッピーエンドでなければならない医療です。当院では母子の安全を第一に考え、フリースタイルや水中分娩などではなく、分娩台での出産に限定しています。産科と新生児科の先端医療設備が整っている周辺の医療機関と緊密な連携体制をとっていますので、急変や早産などのリスクが高い出産の際に素早い対応が可能です。分娩方法については制限がありますが、それ以外は自由度が高いのが特長です。例えば、分娩時の立ち会い制限はありませんので、ご家族やご友人など妊婦さんが望む方たちの立ち会いが可能です。産後の母子同室か別室、母乳かミルクも選択できます。希望に合わせてスタッフがお手伝いしますので、育児の大変さをよくわかっている経産婦さんからは特に、体をしっかり休められると好評です。

―お子さんを連れての入院も可能だと伺いました。

核家族が増え、近くに頼れる相手がいないという方も珍しくありません。子育てをしながら、2人目のお子さんを妊娠し出産する際に上のお子さんを預けられないという悩みを抱えている方も多くいらっしゃいます。そこで当院では、お子さんを連れての入院も受け入れています。お母さんだけでなく、お子さんの食事も提供しますので、産後の体で動き回ることなく上のお子さんの面倒も見ていただけるようなサポート体制を整えています。生まれてきた赤ちゃんをナースステーションでお預かりすることもできますので、赤ちゃんのお世話に付きっきりになることなく、上のお子さんとのスキンシップやコミュニケーションの時間もとっていただけます。

記事更新日:2016/07/13


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細