全国のドクター8,725人の想いを取材
クリニック・病院 161,529件の情報を掲載(2019年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 江東区
  4. 亀戸駅
  5. 亀戸ステーション歯科クリニック
  6. 術前シミュレーションまでCT検査でインプラントは怖くない

術前シミュレーションまで
CT検査でインプラントは怖くない

亀戸ステーション歯科クリニック

(江東区/亀戸駅)

最終更新日:2018/05/17

34466 hr 1 title 1453281955 34466 hr 1 title 1453281955

歯を失った場合の治療法の一つであるインプラント治療。神経や血管なども走る口腔内の手術であるため、不安を持つ人も多い。しかし、「検査結果(エビデンス)に基づいて治療を行えば、不安は軽減できます」と話すのは山本正浩先生。山本先生が理事長を務める「亀戸ステーション歯科クリニック」では、「何ミリの位置に血管や神経がある」など口腔内の詳細を把握し、埋め込む場所をシミュレーションしてから手術に臨むという。その武器となるのが歯科用CT。検査から手術までのプロセスを取材した。(取材日2015年12月17日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Qインプラント治療とは、どのような治療法ですか?
A

歯がない部分の歯肉を開き、骨に穴を開けて人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着するものです。麻酔を使った手術が必要ですが、健康な歯を削ったり無理な力を加えたりする必要がないのが利点です。

Q骨に穴を開けたり埋め込んだりしても、大丈夫なのですか?
A

インプラント手術の前には、必ず歯科用CT検査で、血管や神経の位置、骨の高さや厚みなどを確認します。そして専用のデータ解析ソフトでシミュレーションをし、問題がない位置に人工歯根を埋め込むなどします。

Q骨がない場合は、どうするのですか?
A

本人から採取した血液により骨の再生を試みるPRP(血小板治療)治療があります。インプラント手術と同時に行え、費用は3万8000円から。ただ、骨粗しょう症の方はインプラントによるリスクが高いので相談が必要です。

検診・治療START!ステップで紹介します

1カウンセリングとパノラマX線検査

おおまかな顎の診査を行うためにパノラマX線検査を行い、結果を見ながら必要な処置や可能な治療法を聞く。インプラント手術を行った場合のメリットやデメリットの説明もあるので、遠慮なく疑問は確認しよう。

2歯科用CT検査

インプラントを希望する場合はCT検査を行う(系列の「亀戸ステーション歯科クリニック」にて)。上顎洞炎の有無、骨の厚みや高さ、血管や神経の位置を確認することは、安全なインプラント手術のためには肝要だそう。

3再カウンセリングとシミュレーション

CT検査の結果を専用の解析ソフトにかけ、人工歯根を埋め込む位置や深さなどをシミュレーション。これにより、血管や神経を傷つけることなく骨に穴を開けるといった手術を安全に行うことができる。非常に重要なプロセスだ。

4インプラント手術

麻酔医立ち会いのもと、インプラント手術を実施。時間は30分から数時間と内容によって大きく異なる。いずれにしても手術であるため、術後は仕事を休むなど、当日は安静に過ごす必要がある。手術当日から食事はできる。

5術後の流れ

通常1週間後に抜糸。3か月後に人工歯を装着する。問題がなければ、その後は3ヵ月に1回のペースで、歯石除去などのメンテナンスを受ける。時間は20〜30分程度。歯間ブラシなど、自宅でのメンテナンスも重要だ。

ドクターからのメッセージ

山本正浩理事長

患者さんの不安として、「痛みますか?腫れますか?骨を取って大丈夫ですか?」とよく聞かれます。歯科医師の私でも、何の検査もせずに骨に穴を開けるとなれば不安で仕方なく、そのような手術はできません。だから必ず歯科用CTで検査を行い、手術を行う科学的根拠(エビデンス)を得るのです。健康な歯に負担をかけることがないインプラント治療は、快適な生活の向上にもつながるでしょう。気になる方は、一度ご相談ください。

34466 hr 1 doctorcomment 1453281955
Access