医療法人社団健静会 アクアメディカルクリニック

医療法人社団健静会 アクアメディカルクリニック

寺田武史院長

頼れるドクター

5mmの細さで「苦しさ」から解放
鼻からの胃カメラ「経鼻内視鏡」

医療法人社団健静会 アクアメディカルクリニ
ック

34451 hr 1 title 1392173681

胃カメラ、つまり内視鏡。現在では技術の進歩により、今までの口から通すものではなく、鼻から入れる内視鏡「経鼻(けいび)胃内視鏡」を導入する医院も増えてきた。だが依然として経鼻胃内視鏡に対する認知度は低く、誤解は多い。そこで今回はアクアメディカルクリニックの寺田武史院長に、事前の診断から当日の検査まで、実際のタイムテーブルに沿って経鼻胃内視鏡について説明していただいた。(取材日2014年01月8日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

口から入れる胃カメラとの違いは?

極細の5mmスコープを鼻腔から入れるので、今まで経口胃内視鏡で味わった苦しさから解放される点。しかも検査時間も5〜10分程度とスピーディー。検査中も患者さんは話せるので医師とのコミュニケーションがとれます。

経口胃内視鏡に比べて病気の発見率は?

経鼻胃内視鏡は経口胃内視鏡に比べて解像度が低く、多少暗いということが挙げられます。ただ発見率に関しては大差ありません。胃十二指腸潰瘍に胃ポリープ、そして胃がんといった重篤な病気の見逃しも減らせます。

特に検査を受けてほしい患者さんは?

お年寄りはピロリ菌の保有率が80%を越えています。胃十二指腸潰瘍の原因の90%にピロリ菌が関係すると言われておりますので、早い段階で見つけることが肝要です。若い方でも胃がんやポリープの早期発見をするのに内視鏡検査は有効です。

検診・治療START!ステップで紹介します

カウンセリング まずは経鼻胃内視鏡での検査が必要な患者か問診。検査が必要と判断したら全身状態の把握や感染症の有無を知るための採血。その後胃の調子を整える薬を処方し、その後改めて来院してもらう。

消泡剤(しょうほうざい)を飲む 前夜の夕食時間など医師の指示に従い迎えた検査当日。改めて今の自覚症状、服薬状況などを確認。続いて、胃の中の泡を取り除き、粘膜を観察しやすくする「消泡剤」を飲む。色は白く、甘いシロップで抵抗なく飲める。

麻酔を注入 鼻腔を広げて通りを良くするための血管収縮薬を噴霧し、その後続けて麻酔薬を噴霧する。計2回行う。

経鼻内視鏡で検査 エプロンをかけ横になり、内視鏡を挿入。内視鏡の先から胃蠕動を抑える無害ペパーミント溶液を噴射し粘膜に塗布。食道、胃、十二指腸などを観察する。また、検査中はモニターで自分の胃の状況を見ながら医師とのコミュニケーションが可能。

説明 検査後は、内視鏡画像をモニターで見ながら医師の説明を受ける。異常が見られる場合には、胃粘膜を採取し病理検査にまわす場合がある。組織を採取した際には、1〜2週間後に病理結果を聞くために再度受診してもらう。

ドクターからのメッセージ寺田武史院長

内視鏡は痛い、怖いといったイメージがあります。特に女性は怖がってしまい敷居が高いものになっていますが、実際は手軽に受診可能です。検査自体は5〜10分ですし、麻酔に用いる薬も少量なので体への負担も少なく、検査後も日常生活に支障はありません。鼻腔が小さかったり、鼻が曲がっていて痛みを伴う場合には静脈麻酔で寝ている間に検査することも可能です。気づかないうちに悪化している場合が多いので早期検査をおすすめします。

読者レポーターのメッセージ細川 優さん

内視鏡検査は苦しく、我慢しなければならない−今まではそう思っていた私も今日でイメージが変わりました。鼻にスコープを入れられながらも、自分の胃の中を医師と同じモニターを見ながら質問できましたし、検査が終わってもそれほどストレスがなかったので自分のことながらびっくりしています。内視鏡を挿入する前に行う麻酔注入などの前処置も丁寧で安心して任せられました。これからも定期的に受けていきたいと思います。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Book banner s
Book banner m
Book banner ss
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細