全国のドクター8,598人の想いを取材
クリニック・病院 161,526件の情報を掲載(2019年11月22日現在)

おおとし内科クリニック

おおとし内科クリニック

大利 隆行 院長

99999

一人ひとりに時間をかけ、納得のいく診療を心がける

―こちらで開業された経緯を教えてください。

私はもともと血液学が専門。大学病院では白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など血液病の患者さんの臨床と、アレルギーの研究を行っていました。カナダのマックマスター大学への留学をきっかけにアレルギーを臨床的に専門とするようになりました。その後、大蔵省(現・財務省)診療所で診察をしながら研究活動をしていた頃に、この場所での開業のお話を頂きました。当時はあまり開業を具体的に考えてはいなかったので悩みましたが、研究よりも臨床のほうが自分に合っているという思いもありましたし、残りの医師人生を地域医療にかけてみるのも価値のあるチャレンジだと考え、思い切って開業しました。

―診察にあたり大切にされていることはなんですか?

患者さんはお一人お一人が特別であり例外。誰一人同じ症状はありませんし、同じ対応もできません。真摯に向き合い、話を聞き、問題を解決し、その結果として患者さんに感謝していただけるようなら、医師冥利につきるというものです。患者さんにゆっくり丁寧に話し、ご自身の病状や治療法についてきちんと理解して納得して治療を受けていただきたいと思っています。ただそのように対応しているとどうしても診察時間は長くなってしまい、その他の患者さんにお待ちいただくことになってしまうので、常に板ばさみ状態です(笑)。しかしどうしても私の性格上、そのような診療体制になってしまうのでお許し願いたいです。

―これまでで印象的な患者さんとのエピソードはありますか?

静岡など遠方からいらっしゃる患者さんは案外多いのですが、なんとロシアから来られた方がいらっしゃいました。女性の実業家の方で新潟の取引先から当院をお調べになったそうです。じんましん・血管神経性浮腫の治療をして薬を処方させていただきました。幸い適していたようで、再度薬の処方を、ということでご連絡がありました。当時のロシアで適切な薬が手に入りにくかっただけのことと思っていますが、遠方からわざわざいらした方のお役に立てて良かったです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細