医療法人社団湘南会 亀有中央病院/亀有みんなのクリニック

小嶋範行 理事長

33185 df 1 main 1404897599

家族で地域の皆さんの健康を守っていきたい。今後も亀有で一所懸命!

―印象に残っている患者さんのエピソードを教えてください。

帝京大学医学部付属病院の救命救急センターにいるときのことです。17歳くらいの調理師学校に通っている男の子がケンカで胸(心臓)を刺されて運び込まれてきました。最初は意識があったのですが、ベッドに運んだときにはショック状態で。すぐベッドで開胸手術をして、助けることができました。運が良かったこともありますが、その患者さんのことは一生忘れられないですね。普通だったら厳しい状態で、ただちに手術しないと亡くなっていたと思います。しばらくは精神的に安定しなくて、せん妄状態が続いたりしましたが回復して退院されました。元気になって、何年も年賀状をくれていましたよ。それは一番印象に残っていますね。私の勲章のようなものです。

―どんな学生時代をお過ごしでしたか? 現在、健康維持のために何かスポーツをされていますか?

中学校は卓球、高校は柔道、大学ではサイクリング部に所属していました。40日くらいかけて、鹿児島から北海道の稚内まで自転車で縦断したんです。それも自分の経歴の中で自慢できることですね(笑)。今は、テニスをしています。もう10年くらいになるでしょうか。私は月曜から日曜まで毎日仕事をしているので、仕事が17時に終わると、毎日のようにテニススクールに通ってリフレッシュしています。私にとっての健康法であり、ストレス解消法ですね。

―今後のクリニックの目標をお聞かせください。

私は今65歳で、正直なところ、もうあまり無理はできません。今まで続けてこられたことに感謝しつつ、可能な限り精一杯治療を続けていきたいです。息子が杏林大学医学部付属病院で働いているのですが、週1回はこちらに来ています。専門は私と同じ消化器外科で、いずれは跡を継ぐことになるでしょう。実は、幸か不幸か、子どもが医師、レントゲン技師、薬剤師になって、みんなこの中で働いているんです。今後も力を合わせて、地域のお役に立てるクリニックにしていきたいですね。夢は「外来だけの総合病院」にすること。眼科、耳鼻咽喉科、外科などすべてを一つの建物の中に集めて、総合的な外来病院ができればいいなと思っています。どんな症状で困っている患者さんも、そこに行けばすべて診てもらえるというのが理想です。



Access