田島歯科クリニック

田島歯科クリニック

田島 有美院長
頼れるドクター掲載中

33129 %e7%94%b0%e5%b3%b6%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af2

すべてを伝えることで患者の納得や安心を得る

―その後、開業されたのですか?

赤坂見附の歯科医院は居心地も良く仕事にも先輩・同僚にも恵まれていたので、このまま骨を埋めてもいいかなと思っていた時もあったのですが、その後開業したての知り合いに依頼され、浦和のクリニックを手伝うことになりました。それまではビジネス街で大人ばかりを診療していたのですが、まったく環境が違う住宅街に移り、突然子どもをたくさん診ることになりました。初めは戸惑いましたが、対応するためにたくさん勉強し直しました。このことが私にとっての大きな転機となりましたね。生涯にわたって口腔内の健康を保つには、子ども時代の歯科治療・教育が果たす役割は極めて大きいのです。浦和で小児歯科の経験を積んだことは、現在、当院で行っている小児の予防歯科に大いに役立っています。もちろん、予防歯科は大人から始めても十分ですが。

―こちらの歯科医院の治療方針を教えてください。

治療に関するすべての情報を患者さんに伝えることです。なぜならば今まで常々、歯科医師から患者さんに伝えられる口腔疾患に関する情報が、あまりにも少ないのではないかと疑問に思っていたからです。歯が痛くなって、クリニックに来て治療されるだけでは、自分の口の中でどんなトラブルが起き、どういう因果関係で痛みを覚え、なぜその治療法が選択され、結果どうなるのか理解し難いでしょう。それは患者さんにとって不幸なことだと思うんですね。そこで当院では最初に治療前の患者さんの口腔内状況について詳しく説明し、治療の方法については可能な限り複数の選択肢を示した上で、患者さんが最も納得できる治療法を決定するように心がけています。このインフォームドコンセントに十分に時間を割くことが、最終的に患者さんの満足度を高めると確信しています。

―お子さんの診療で何か心がけていることは?

ありがたいことに、今まで子どもに激しく拒絶されたことはほとんどありません(笑)。良い患者さんに恵まれているんでしょうね。お子さんが初めて来院する時は自分の治療ではなく、親御さんについてくることが多いのですが、そうやって通い慣れた頃に自分の治療が始まるというのが良いのかもしれません。1点だけ、「無理はさせない」ということは気をつけています。なるべくお子さん本人と顔を合わせて話すようにしていますし、治療が理解できる年齢のお子さんだったら納得してもらうまでじっくりつき合います。嫌がっていたらその日は何もしません。もっとも、気分が乗って治療に応じてくれそうなら、そのまま勢いで済ませてしまったりなど、その子次第で対応しています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細