全国のドクター8,598人の想いを取材
クリニック・病院 161,526件の情報を掲載(2019年11月22日現在)


求人情報OFF
南生田レディースクリニック

南生田レディースクリニック

石川 雅一 院長

33068 %e5%8d%97%e7%94%9f%e7%94%b0%e3%83%ac%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

自分のホルモンバランスを知るために基礎体温の記録を

―基礎体温の変化から自分の体調を知ることが大切なのですね。

そうですね。基礎体温は妊娠をするために必要なツールという認識が強いかもしれませんが、妊娠を希望するかどうかにかかわらず、ホルモンバランスがきちんと保たれているかを知るためのものなんです。もちろん妊娠にはとても大切ですが、思春期にホルモンバランスが整ってくる時期や、更年期にホルモンバランスが乱れてきたときにもすごく役に立ちますので、ホルモンバランスに目を向けたいときには基礎体温に注目します。毎日記録してくださっていれば、より詳細に把握ができ、適した治療につなげていくことも可能です。例えばしばらく受診していなくても記録をつけていてくれればその期間の体調はわかりますし、こんな感じで出血したと言ってくだされば原因もわかり余分な検査もしなくて済みますので、ぜひお勧めしたいですね。

―生理痛もホルモンバランスの乱れによるものなのでしょうか?

生理痛は少し違っていて、多くは子宮が月経血を押し出そうとして子宮がぎゅっと縮むのが強すぎるための痛みです。一方で子宮内膜症があると慢性的な痛みが起こるので、その区別が必要になってきます。生理痛イコール内膜症という考えで安易に内膜症の治療をスタートしてしまうと治療費もかさんでしまいますので、まずは適切に診断することが大切ですね。生理痛には痛み止めを上手に使うことがポイントです。早めに内服することで収縮の緩和につながると効きが良いので、痛みは我慢せずに早く飲むとよいでしょう。

―ピルやワクチンについてはどのようにお考えですか?

ピルについては避妊はもちろんですが月経痛の緩和やPMSといって月経前の体調不良にも効果的なことがあります。特に避妊が必要な方には積極的に飲んでほしいと思います。男性任せではなく、普段から自分の意思で避妊をしてほしいですね。ワクチンについても積極的に受けてほしいです。妊娠を希望する方はご夫婦で風疹抗体検査を受け必要ならワクチン接種をお勧めいたします。子宮頸がんワクチンもぜひ受けるべきです。日本では毎年3000人もの方が子宮頸がんで亡くなっていますが、ワクチンを接種をすることでその数を少なくしていくことができます。薬やワクチンの副反応や副作用を過剰に気にする方もおられますが、薬やワクチンは僅かに起こる副反応や副作用に比べて圧倒的な効果が期待できると証明されていることを知っていただきたいと思います。そういったことも含めて、いろいろなことを正しく理解していただくのも医療人の務めだと思っています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

風疹抗体検査/3000円~(自治体からの補助を受ける条件を満たせば無料)

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細