全国のドクター9,217人の想いを取材
クリニック・病院 161,269件の情報を掲載(2020年8月12日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 目黒区
  4. 中目黒駅
  5. 医療法人社団山手会 アトラスタワーデンタルオフィス
  6. 同時進行でよりスムーズにインプラント治療と矯正の並行治療

同時進行でよりスムーズに
インプラント治療と矯正の並行治療

アトラスタワーデンタルオフィス

(目黒区/中目黒駅)

最終更新日:2020/05/25

Main Main
  • 自由診療

歯を失った部分に人工歯根を埋入して人工歯を固定するインプラント治療と、噛み合わせや歯列不正を装置を用いて整えていく矯正治療は、どちらも見た目の美しさと噛む機能の回復を目的に行われる。従来は別々に行われるものだが、近年、2つの治療を同時に行う新しいアプローチ方法があるのだという。今回は2つの治療を並行して行う目的やそのメリットについて、「アトラスタワーデンタルオフィス」の町田二郎先生に話を聞いた。 (取材日2020年4月24日)

患者の負担の軽減にもつながるインプラント治療と歯列矯正の同時進行は、専門性を持つ歯科医師の連携が重要

Qインプラント治療は、誰でも受けることができますか?
A
1

▲インプラント治療と矯正、各分野でスペシャリストが複数在籍する

特に年齢に上限はありません。インプラント治療は骨の再生過程を利用するため、骨再生力があるかどうかが重要となります。つまり、骨折が治るのであれば、たとえ90代の方でも治療可能となります。糖尿病などの全身疾患をお持ちの方はリスクが高くなりますが、血糖値のコントロールが良好な場合は可能となるケースもあります。逆にお子さんは、骨の成長がまだ完了していないためインプラント治療が難しく、骨の成長がほぼ完了する22〜23歳くらいからの治療をお勧めしています。このインプラント治療を待つ間の時間を利用して、インプラント治療のための土台を整える目的で歯列の矯正を行うこともあります。

Qインプラント治療と矯正を同時に行うことはできるのですか?
A
2

▲インプラント治療、歯列矯正に加え、保険診療にも幅広く対応

一般的には、歯列矯正を行ってから、インプラント治療を行うケースがほとんどでしょう。ただし、条件が整えば同時に治療を進めることは可能です。例えば、インプラント治療の治癒期間を利用して矯正を進めることができれば、全体を通して治療期間の短縮が期待できるでしょう。しかし先ほどもお話ししたように、2つの治療を同時に行う場合は、さまざまな条件や注意点がありますから、インプラント治療と歯列矯正それぞれの分野で経験を豊富に有するスペシャリストの連携が大切だと思います。

Q同時進行で治療を行う際の注意点は?
A
3

▲丁寧なカウンセリングで患者に寄り添った治療を行う

まず、インプラント治療を行う歯科医師と矯正を行う歯科医師が初期段階からコンセンサスをとり、最終的にどのようなゴールをめざすのか一緒に考えることが大事です。これまでの治療経験で得た知見を互いに出し合い、経過を予測するわけですが、そのプロセスで欠かせないのは密な情報共有です。もし別々の歯科医院に所属する歯科医師が同じことを行う場合、物理的な理由で意思疎通がスムーズにいかず情報が食い違う恐れがあります。情報の伝達ミスは治療のタイミングや経過確認のズレにつながり、結果として治療のクオリティーダウンを招く可能性も。歯科医師の専門性と、情報の共有・伝達の精度は、同時進行の治療を行う上で重要だと考えます。

Qインプラント治療と矯正を並行して治療するメリットは?
A
4

▲衛生面に特に気を配っている診察室

例えば矯正治療の経過チェックの際に、インプラントの状態も確認するなど、1度の来院で両方の治療についてまとめて経過を診ることで、患者さんの来院回数を減らすことができますし、先ほどお話しした治療期間の短縮で、時間が有効活用できるでしょう。さらに、2つの治療を同時に行う場合、顎の骨に埋入したインプラントが歯を動かす際の強固なアンカーとなるため、スムーズに矯正を進めることが可能となります。

ドクターからのメッセージ

町田 二郎先生

失った歯を補うインプラント治療と、歯を動かして歯並びを整える歯列矯正は、一見まったく異なる治療のように思えますが、口腔内全体を見渡すと、いずれの治療も、より良い状態をより長く保つことをめざすというゴールを共有しています。どちらも専門性を必要とする治療であることから、専門の歯科医院で別々に治療を受けるケースが一般的ですが、インプラントと矯正の分野で、技術と経験を持つ歯科医師が在籍するクリニックであれば同時進行で治療を進めることも可能です。同時進行することで得られるメリットは大きいため、一つの選択肢としてぜひ皆さんに知っておいてほしい方法です。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/18万5000円~、歯列矯正(裏側矯正):部分矯正/10~40万円、全体矯正/70~120万円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access