医療法人社団悠歯会 すぎもと歯科クリニック

医療法人社団悠歯会 すぎもと歯科クリニック

杉本一野 院長

頼れるドクター

33030 df 1 main 1449115380

急患を断らず、無理な治療は勧めない!患者ニーズを重視して診療

―小児歯科に力を入れておられる理由をお聞かせください。

私は東北の歯科大学を卒業し、埼玉で勤務医を経験して、ここで開業しました。それまでに、小児歯科だけではなく、成人の一般歯科、審美、インプラント、在宅診療まで幅広く研鑽を積んできました。地域に密着したクリニックをめざしていますので、小児とその両親が多いという状況を踏まえて、力を入れるようになりました。私がご両親の年代に近いので来院しやすいのだと思いますし、私自身も小さな子どもがいるので、ご両親のお気持ちがよくわかります。その子の成長を見守ることができるのは、歯科医師として何よりの喜びです。母親の膝に乗って口を開ける練習をしていた子が、小学生になって一人で健診を受けられるようになったとか、やんちゃだった子が、中学生になって敬語を使うようになったなど、成長を目の当たりにすると私自身も涙が出そうになります。

―診療や医院づくりに関して、日頃から心がけていることは何でしょうか?

その場その場で、患者さんのニーズに全力でお応えするということですね。例えばニュースで院内感染の話題が出れば、いち早く先端の滅菌システムを導入し、歯科用切削器具のハンドピースは、患者さん一人ひとりに、その都度滅菌済みのものを使用することが可能になりました。また、患者さんのニーズを知るために、アンケートを積極的に活用しています。最近も、アンケートのご要望に従って、各部屋にゴミ箱を設けたり、パウダールームにおむつ交換台を設けたりしました。ガチャガチャを男の子用と、女の子用の2種類に分けたのも、アンケートでご要望があったからです。

―診療に対する基本的なスタンスをお聞かせください。

私は、難しいと感じる治療はお断りします。例えば、当院ではインプラント治療を行いますが、専門医に来ていただいて治療しています。私のことを「何でも話せる」と信頼している患者さんから、私自身に治療してほしいと依頼されたこともありますが、症例に応じて専門医とタッグを組んでチーム医療で対応するほうが、患者さんのためになると思うからです。むしろ、私はさまざまな治療選択肢を、費用などの面も含めてきちんとご説明し、本当に患者さんのためになる選択をお手伝いすることが仕事だと思っています。また費用の面でも患者さんに大変な無理をさせそうだと思えば、そうした治療はお勧めしないようにしています。歯科医院が初めての小さな子どもさんに対しても歯科医院嫌いにならないように、いきなり無理に治療するようなことはせず、治療のトレーニングをすることから始めています。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Yokohama a
Shonan a
Shinnakasugi a
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細