全国のドクター9,224人の想いを取材
クリニック・病院 160,812件の情報を掲載(2021年4月14日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 中野区
  4. 沼袋駅
  5. 医療法人社団晴良会 沼袋ソレイユ歯科・矯正歯科
  6. 和泉 陽一 院長

和泉 陽一 院長の独自取材記事

沼袋ソレイユ歯科・矯正歯科

(中野区/沼袋駅)

最終更新日:2020/12/23

32992 top

西武新宿線の沼袋駅から5分ほど歩いた商店街の一角に「沼袋ソレイユ歯科・矯正歯科」がある。インプラントや矯正に加え、小児歯科、予防に至るまでオールラウンドな歯科診療を行い、幅広い世代の患者が通うクリニックだ。この地に開業して丸8年が過ぎ、現在院長を務めているのが和泉陽一先生。ライフスタイルをより豊かにする歯科診療をめざし、患者一人ひとりとじっくり対話を重ねる診療スタイルを実践している。ハキハキと歯切れのいい話しぶりで、エネルギッシュな雰囲気の和泉院長にクリニックの強みや診療経験、現在注力しているマウスピース型装置を用いた矯正などについて話を聞いた。
(取材日2020年11月12日)

適切な歯科治療で人生をより豊かなものにしてほしい

幅広い世代の患者さんが来られていますね。

20201202 1

そうですね。当院は法人の理事長でもある前院長が2012年に開院し、私は2016年から勤務しているのですが、近隣にお住まいの年配の方から学生、子どもまで、あらゆる世代の患者さんがいらっしゃいます。患者さんは年齢もライフスタイルもそれぞれ違いますし、これからどういう人生を送りたいのかといった将来のビジョンも人によって異なるでしょう。私たちはどんな治療が患者さんの人生をより豊かなものにできるのか、それを知るために一人ひとりの患者さんとじっくり対話し、患者さんの本音に耳を傾けることで、その方にとって最良の治療法をご提案できるように心がけています。ただし、最終的に治療を選ぶのは患者さん自身。歯を悪くしてしまった原因をしっかりと説明することで自分の口腔環境に対する患者さんの理解を促し、最良の選択ができるようサポートすることも、歯科医師に課せられた大切な役割だと思っています。

クリニックの強みはどんなところにありますか?

入れ歯やインプラントなど補綴を手がける歯科医師と、矯正を手がける歯科医師が在籍していますので、院内の歯科医師の専門性を結集した「総合力」が大きな強みの一つになっていると思います。補綴と矯正はまったく種類の異なる治療とはいえ、同じ口の中で行われる治療ですから、双方の歯科医師が連携することによって、「人工歯がよりきれいに入るように意識した矯正」といったことも可能になります。また、院外にも根管治療など専門性の高い歯科医師とのネットワークがあり、必要に応じてスムーズに紹介できますので、まずは安心してご相談ください。

マウスピース型装置を用いた矯正に力を入れているそうですね。

2

マウスピース型装置を用いた矯正のメリットは、一見して装着しているかわかりにくい「見た目」、取り外して食事が食べられるといったことが知られていますが、それだけにとどまりません。一般的なワイヤー矯正では金属アレルギーや虫歯になりやすい方は取り組めないことがありましたが、マウスピース型装置なら問題なく始められることがあります。マウスピース型装置自体も年々進化を遂げ、より難しい症例も治療できるようになってきました。また部分矯正にも対応でき、矯正期間がより短く、全体矯正と比べて費用も抑えられるコースもあります。このように従来のワイヤー矯正に比べてさまざまなニーズの患者さんに適した矯正をご提案することが可能になっているため当院で歯列矯正を受けている患者さんの約9割がマウスピース型装置を使用しています。気になる方はお気軽にご相談ください。

小児期のマウスピース型装置を用いた矯正にも対応

こちらに来られる前は都内外のクリニックで診療されていたそうですね。

20201202 3

池袋や埼玉県蕨市、千葉県酒々井町など関東のあちこちのクリニックで幅広い診療経験を積むことができました。とりわけ最初の勤務先の歯科医院は、当院と同じように幅広い年齢層で、さまざまなこだわりを持った患者さんが多く訪れていて、その方のライフスタイルに合った治療を提供することの大切さを学びました。例えば野球をしたい人に、手に入りにくいレア物のサッカーボールをプレゼントしても喜んではもらえませんよね。歯科診療も同様で、われわれ歯科医師が教科書で学んだことをそのまま実践すればいいわけではない。胸襟を開いてじっくり話し合い、患者さんにとってのベストを探ることこそが、患者さんを幸せにする糸口につながるということを、勤務医時代に出会った患者さんたちとの関わりの中で気づかせてもらいました。

院内のデジタル化も精力的に進めているとお聞きしました。

エックス線検査装置はもちろん、口腔内スキャナーなども導入し、必要なデータをスピーディーに得られることで、これまで以上に精密な治療を実現できるようになりました。中でも画期的なのが、マウスピース型装置を用いた矯正で使用する3Dシミュレーション。ワイヤー矯正では途中経過がわからず、見た目で変化が実感できる症例ばかりではないため、患者さんは終わりが見えない漠然とした不安感との闘いになります。その点、3Dシミュレーションでは、元の歯並びから歯がどのような軌道で動いて最終的にどうなる計画か、その時系列の変化を画像で確認することができます。おおよその矯正期間もわかるので、具体的なゴールをイメージでき、患者さん自身が要望を伝えて矯正計画に反映させることもできるのです。デジタル化を進める中で、従来型の歯科治療が大きく変わりつつあるのを実感します。

小児の歯列矯正も手がけられていますね。

4

お子さんの歯並びを早い段階から気にかけている親御さんが増え、小児矯正で通院している患者さんも多いですね。小児期の歯列矯正は現時点ではまだワイヤーが主流ですが、近年小児用のマウスピース型装置も登場し、2020年11月から当院でも導入しました。小児期に矯正を行うことで、成人した後に調整が必要になっても大がかりな処置が必要ないといったメリットもあります。子どもの矯正も、今後は一部の難症例を除いてどんどんマウスピース型装置に移行していくのではないでしょうか。

より精密な義歯を提供し、元気なシニアを支えたい

治療技術や新たな機器の動向など、歯科業界でも常に情報収集が欠かせませんね。

5

治療技術はもちろん、歯科材料やテクノロジーも飛躍的に進歩しています。そうした情報を随時アップデートしていくために、当院のグループではさまざまな勉強会セミナーに歯科医師が出席して、常にグループ内で最新情報を共有しています。グループ内の症例検討会でも、具体的な症例について意見交換を重ねてきました。そうした地道な取り組みの積み重ねが、患者さんに先進的で最適な歯科医療をお届けすることにつながると考えています。グループ内で連携し、互いに高め合える環境が整っていますから、私自身も一人の歯科医師としていつも刺激をもらっています。

今後力を入れていきたい診療はありますか?

高齢になると活動量も少なく、食事の量も減っていくといったイメージはもう過去の話。元気なシニアの皆さんには70、80代になっても、40、50代のときと変わらず、食事や会話を存分に楽しんでいただきたい。そのために、より精密な安定性の高い入れ歯をご提案していきたいと思っています。入れ歯はよくインプラントと比較されますが、インプラントの場合、高齢になって最期の時を迎えるまで自己管理を継続できるかというと、実際はかなり難しいと思います。汚れがたまって誤嚥性肺炎を起こすリスクも避けては通れません。その点、入れ歯は外して洗浄剤に入れることで衛生的な口腔環境を保てますので、汚れがたまることでの全身疾患のリスクを下げることにもつながります。噛み心地、見た目を含めてトータルで満足度の高い入れ歯をお届けし、健康寿命の延伸に少しでも貢献できればと考えています。

最後に今後の展望と、読者へのメッセージをお願いします。

6

皆さんはこれまでに経験した歯科治療でどんなことに苦痛を感じたでしょうか。型採り用の素材を口の中に入れて固まるまで待つ時間、矯正装置のワイヤー、麻酔の注射など、人によってさまざまあると思います。当院が進めているデジタル化によって、型採りのプロセスは口腔内スキャナーを使うことによってより早く精密な3Dデータを得られるようになり、矯正装置の主流もワイヤーからマウスピース型装置に変わりつつあります。歯科治療のネガティブな要素が徐々に姿を消し、より苦痛の少ない歯科治療をお届けできる環境が整ってきました。歯科が苦手で足が遠のいているという方にも、まずはクリーニングから体験していただき、定期的な通院習慣を取り戻していただけたらうれしいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

補綴治療:5万~、矯正治療:10万円~、マウスピース型の装置を用いた矯正:15万円~、子どもの矯正:10万円~、インプラント治療:1本の平均金額 40万円~(ガイドシステムなどの特殊な処置は含みません)
※矯正治療には、調整料やインプラントスクリューを使った矯正などの特殊な処置は含みません
※すべて税別での記載です。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access