アイデンタルクリニック

アイデンタルクリニック

井上 淳二院長

32974 %e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

いたわりの心を持ち、患者の気持ちに寄り添った診療を

―スタッフの方に伝えている理念、教育として行っていることなどはありますか。

医療従事者としてまずは清潔を心がけることですね。自分自身もそうですが、院内についても清潔に保つのは大切なことです。また、患者さんにいたわりの心を持って接してほしい、ということは常々伝えています。高齢者やお子さんを連れた方へのやさしさや気遣いは欲しいですね。また、「いつでも笑顔で接する」というのもちょっと違うかなと思うんです。患者さんがつらい時にマニュアルのように笑顔で対応されても、うれしいとは思えないでしょう。根本にいたわりの気持ちがあれば、その場に合わせた対応ができます。長く仕事をしていると当たり前に思ってしまうことが増え、油断すると他者に対する気持ちが薄れてしまうことが自分にもあります。気を引き締め、患者さんの気持ちに寄り添った診療をしていきたいですね。

―歯周病について、予防法や治療法を教えてください。

歯周病は歯茎の病気だと思っている方も多いと思いますが、実は歯周病は顎の骨を溶かしてしまう病気なのです。骨が溶けてしまうことによって、歯周ポケットが深くなったり、歯が揺れたり、ばい菌がたまって膿が出たりという症状が出てきます。一方で、気づかないうちに病気が進行している場合も。歯周病にしても虫歯にしても、予防に一番大切なことは、日々の正しいブラッシングで口の中の細菌数を減らすことです。その上で歯科で定期検診を受け、自身では取れない歯石などの汚れを除去し、メンテナンスを行う。歯周病は早く食い止めることが大切です。段階を踏んで悪くなっていくので、症状が出る前に食い止めるためにも、定期検診を受けるようにしましょう。もし、歯周病が進んでしまった場合でも、再生療法などの先進的な治療も行っていますので、ご相談ください。

―最善と思う治療のために大切にされているのはどんなことですか?

私が大切にしているのは、「やり直しのない、長持ちする治療」です。ただ歯が白いことや、目立つ前歯だけきれいにすることに意味はありません。たとえ見えない奥歯でも、きちんと土台を作ることが大切です。なるべく歯を残すためには機能性に優れた素材など、保険外になってもきちんとした土台を使ったほうがいいことも多いんです。やり直す必要のある治療にはしたくないですからね。とはいえ患者さんの経済状況などから無理に保険外の治療を勧めることはしませんから、もっといい治療ができるのに、とジレンマを感じることもあります。とはいえ保険内でも十分に治療できる場合もありますから、要は長持ちする治療のために何が最善か、患者さんに合わせて提案を行っているということです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細