全国のドクター9,013人の想いを取材
クリニック・病院 161,455件の情報を掲載(2020年2月26日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 北区
  4. 東十条駅
  5. 医療法人財団明理会 明理会中央総合病院
  6. 金丸 峯雄 病院長

金丸 峯雄 病院長の独自取材記事

明理会中央総合病院

(北区/東十条駅)

最終更新日:2019/08/28

99999

東十条駅から2分。「明理会中央総合病院」は、地域社会に「まず愛し、そして愛される病院」として根付くことを理念とする、地域の中核を担う総合病院だ。病床数は311。金丸峯雄院長は、ここ東十条の地における急性期病院の重要性を痛感し続けてきた。現在、院内外で有機的な連携を取り、患者の心情に寄りそう医療を提供できている環境を「ありがたいことです」と感謝さえしている。そこまで喜びを感じているのはなぜか。実は、2007年には今の「明理会中央総合病院」のある地で地域を代表する病院が閉院してしまっていたのだ。その後、2009年には以前からの建物を生かし、東十条において急性期の役割を担える規模の病院がようやく復活することになった。その歴史を、金丸院長は両院の勤務医として見てきた。そんな事情を、院長だけでなくスタッフも理解している。だからこそ「地域に愛される病院」という理念はお題目に留まらず、本当に、そのような医療を実践できる場がなくならないようにと職員たちは身を粉にして、この総合病院の中で驚くほどのチームワークの良さを発揮し続けている。そんな金丸院長に話を聞いた。
(取材日2017年5月31日)

「まず愛し、愛される病院」は地域に根付く

当院の、地域における役割をお聞かせください。

1

地域の患者さまがすぐに受診ができ、早期に診断、治療をできる急性期医療機関であることを第一に捉えております。高齢者が多い北区において、患者さまのうちの多くの方たちは、徒歩圏内にない病院には、なかなか通院ができません。そのような事情に対応するべく、いざという時に遠方の特定機能病院に行かずとも、一定レベル以上の医療を受けられると信頼されるような病院を築こうとしてきました。2007年、当地にあった病院がいったん急性期医療機関として維持できなくなり、閉院した建物を生かし、2009年に地域のためになるような基幹病院をあらためて立ち上げようという流れを汲んでいるのが当院です。私はかつてあった病院でも勤務していたこともあり、「この地域から急性期病院をなくしてはならない」という強い思いを維持し続け、地域を愛しています。そうした事情もあって「地域に愛される病院」として根付くことを大事にしているのですね。

スタッフの皆さんの声がけが優しく、地域に溶け込んでいますね。

2

職員は本当に頑張ってくれています。誇りに思います。かつてあった病院の閉院を機にしばらく他の地域で診療していた私が当院で勤務し始めたのは、この地に急性期病院が戻って1年ほど経ってのことです。かつては開院前から行列ができるほどだった外来にも当時は空席が目立ち、私たちは地域からの信頼を失ってしまったのだな、と痛感したものでした。地道に信頼を取り戻して行ったのは、その後です。看護師たちを始めとする職員は時には院から外に出て、スーパーマーケットなどで血圧を測るサービスを提供するなど、自ら地域の皆さまに近づいて行ってくれました。今では、そうした地域の皆さまと触れ合う場でもかつてと異なり「明理会、俺もあの先生に世話になったよ」なんて声がかかるようになっています。北区の急性期病院として「北区の患者さまは断らない」という方針を徹底し続けるなど、地域の一部であることを私たちらしく喜びとしております。

院内外で、スムーズな連携による医療を提供されていますね。

3

他院から移ってきた医師から驚かれることが多いですね。例えば、当院の血液内科には悪性リンパ腫の患者さまが多く来られます。午前中にそう診断したとします。その場合組織を手術で摘出せねばなりません。術前検査、オペ室の確保などもあるため、また何日にいらしてくださいとなるのが通例でしょう。しかし、当院ではその午前の診断の時点で外科に電話をしたら「午後にオペ室を空けます」と午後にリンパ腫を摘出が可能です。血液内科の医師もオペ室に同行し検体を自ら作成し、病理部門に送りますから、診断スピードは非常に早いのですね。早い動きが必要なものほど皆で協力しあえているのは、当院の最も得意とする特徴の1つかもしれません。また、同じ血液内科で言えば無菌室が6床ありますから、近隣の大学病院や遠く埼玉の大学病院からも大事な患者さまをお送りいただいています。職員の努力の賜物で、ソフト面もハード面も充実するに至りました。

他にも循環器内科、整形外科を始め、医師の質の高さが評判です。

4

当院の循環器内科の部長は、血管内で硬くなったカスのようなものを削るローターブレーダーという道具を用いる医師たちを全国から集めて定期的に訓練をしています。その部長はときどき東南アジアの何ヵ国かに行き、慢性の閉塞性の冠状動脈で、石灰化が進んでいるものなど難しい疾患のティーチングもしています。私は「ときどき海外に行っているな」という認識で(笑)。優れたドクターがそれを当然のようにして驕らず治療に当たっているのです。整形外科も素晴らしいです。私は左肘を骨折した際も最も信じられるのが自分たちのいる病院だと思い、ここで全身麻酔で手術を受けました。複雑骨折で肘の骨はバラバラだったのですが、皆でつなぎあわせてくれました。医師が「あの先生にかかりたい」と思うドクターがいる病院、とも言えるのです。うれしいことです。

院長は関わる人を大事にされますね。背後に深い経験を感じます。

5

私は血液がん、特に白血病を専門にしてきました。人生には無意味な時間など1秒もない。精一杯に生きている人は美しい、と痛感しています。私が20代の後半の頃、20歳ぐらいの女性が白血病で入院してきました。いつも回診してはその子とゆっくり話していたんです。つらいことがあったら話を聞く。できることは他にはなかったのですね。その子が亡くなった後、出てきた日記が出版されました。読むと、私のことが「ドクターの人格に惚れた」と記してあったのです。何かやれることはないか、と近くで話し続けたあの時間を喜んでくれていたのだ……。今でも、胸が一杯になる大切な記憶なのです。医者になって初めての湧き上がるような強い手ごたえでした。医師は科学者ですが、一方では人間。若く未経験な頃もそうして通じ合えたように、どの場面でも患者さまのためにできることはある。この実感は、その後も私の診療を根幹で支え続けてくれています。

Access