求人情報ON
医療法人社団彩祥会 中島皮フ科

医療法人社団彩祥会 中島皮フ科

中島 知賀子理事長

%e4%bf%ae%e6%ad%a332792 %e4%b8%ad%e5%b3%b6%e7%9a%ae%e3%83%95%e7%a7%91

赤羽駅に近い「中島皮フ科」を訪ねた。1997年の開業以来、地域に密着した医療を提供してきた同院。理事長の中島知賀子先生は、患者から「先生のようになりたい」と言われるほどの美肌の持ち主で、明るい笑顔が印象的なドクターだ。中島先生は不調を根本から改善させることに注力し、診療の際は患者の話を丁寧に聞きながら、改善に向けて生活習慣のアドバイスも行う。「ニキビやアトピー性皮膚炎などの皮膚の症状を改善させるには、毎日のセルフケアが本当に大切」と中島先生。今回の取材では、診療において大事にしていることや、これから力を入れていきたいことなどを聞いた。
(取材日2018年5月25日)

予約診療制で、患者一人ひとりに寄り添った診療を

―開業して20年がたつそうですね。どのような心境でいらっしゃいますか?

あっという間でした。自分の子どもが6ヵ月のときに開業しましたので、このクリニックは子どもと同い年なんです。ときどき、数年ぶりに来院したという患者さんもいらっしゃいますが、前回の来院時は小さなお子さんだったのに、だいぶ大きくなっていたりして、感慨深いものがあります。患者さんは地域の方が中心ですが、この20年の間に近隣地域に引っ越した方や、仕事をリタイアして郊外に移り住んだ方などが、いまだに当院へ通ってくださることも多く、医師冥利につきるといった感じです。

―入口の外に強酸性水のサービスがありましたが、こちらはなぜですか?

開業して間もない頃から、希望している方に無料でお分けしています。歯科医師をしている姉がお勧めしてくれたんです。当院にいらっしゃる患者さんの中には強酸性水に対して根強いファンが多く、化粧水のような感覚で肌につけたり、お風呂に入れている方もいらっしゃいますよ。セルフケアとして続けてほしいから、お好きな方がいらっしゃるのであればぜひ、と思い、ずっと無料でお分けしているんです。

―最近は、どのような患者さんが多いですか?

当院は一般的な皮膚科診療所ですので、ニキビで悩んでいる方や、アトピー性皮膚炎がある方、水虫や乾燥肌など、身近な症状で相談にいらっしゃる方が多いです。年齢層は、中高年の女性が多いですが、おじいちゃん、おばあちゃんを連れていらっしゃったり、また、近隣には幼稚園や学校もありますので、若いお母さんとお子さんの患者さんも多いですね。赤ちゃんから高齢者まで、いろいろな世代を診させていただいています。診療では、最初にスタッフがしっかりお話を聞いて、それをもとに私がアドバイスをしています。お一人お一人丁寧に診させていただきたいので、基本的には完全予約制となっています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細