全国のドクター8,598人の想いを取材
クリニック・病院 161,526件の情報を掲載(2019年11月22日現在)

亀田整形外科

亀田整形外科

亀田 宗典 院長

31918

「患者さんを大切にする」という初心を忘れない

―お休みの日はどのように過ごされていますか?

患者さんに日頃から「適度な休養と適度な運動」をお勧めしていますので、私もそれを実践するようにしています。よくするのは妻と2人での「散歩」です。私は写真が好きなので、一眼レフカメラを手に、家の近所を散歩しながら季節の花を撮る、というのがいつものパターンです。季節の移り変わりも感じられて楽しいですし、適度な運動にもなります。あとはもっぱら読書ですね。ジャンルを問わず、いろいろな本を読んでいます。学生の頃は誘われるとスキーやテニスを楽しんでいました。最近は長期の休みが取りづらく、休めるとしてもお盆や正月。出掛けると疲れてしまって休養にならず、患者さんにお勧めしていることに反してしまうので、休みは出掛けずに家にいることが多いですね。

―今後やってみたいこと、展望をお聞かせください。

私は「新しく始める」ことよりも、もっと大切にしていることがあるんです。それが「初心を忘れない」ということ。新しいことに取り組むよりも、初心を忘れないことが、むしろクリニックにとっては重要だと思います。これは毎月の朝礼でもスタッフに伝えていることです。人によって初心は違いますが、共通しているのは「患者さんを大切にする」ことと、「患者さんに満足と安心を得てもらう」ということ。しかし「慣れ」が生じてしまうと、この初心がおろそかになってしまうことがあります。これはクリニックとして、医療人として絶対に避けねばなりません。私自身、日々の業務の忙しさでつい流されて、診療への向き合い方が雑になってしまいそうになることがあります。その度に「これはまずい」と初心にかえるようにしています。

―読者へのメッセージをお願いします。

患者さんと医師の相性はとても大事です。治療の内容ももちろん大切なんですが、人と人との相性も重視してほしいと思います。当院の場合は、患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。例えば治療法を決めるにあたっても、どこまで痛みを取りたいか、など、患者さんの状況に応じて、治療方法は変わってきますので、患者さんのお話をよく聞いた上で、治療方法の選択肢を提供し、その中から患者さんに選んでもらうようにしています。ですので、合わなければ変えればいい、というお気持ちで構いませんので、お困りでしたら、まずは来院してみてください。じっくりお話を聞かせていただきます。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細