いしかわ歯科医院

いしかわ歯科医院

石川 明院長、田家亮太郎先生、石川玲奈先生

頼れるドクター

31366 df 1 main 1445227481

予防歯科へのモチベーションを高めてあげたい

―内科的疾患と歯科との関連性を教えてください。

【石川院長】最近、内科的疾患が歯科と関連性があるということをよくお聞きすると思います。医科でも、健康で長生きしたいのであれば、徹底的にお口の中を清潔にして、よく噛める歯を維持することを推進するようになってきました。糖尿病や心疾患にもお口の中は関連があり、懇意にしている医科のドクターは治療前にまず患者さんのお口の中をキレイにしてから処置を行っているということです。今は医科でもそのようなアプローチをする時代なので、当院もより患者さんの健康に寄与するためにメンテナンスによる予防を第一に考えた診療を行っています。大学病院の総合診療科のようなクリニックをめざしている当院としては、治療は患者さんに本当に安心してもらえるスタンダードな方法できっちり治して差し上げる。なぜかというと、特殊な方法を使わなくても定期的にメンテナンスを受けることでお口の中を清潔に保ち、よく噛める歯を維持できるということを知っているからです。患者さんには歯科医院を治療だけではなく、お口の中を清潔に維持することに利用していただきたいですね。そのためには、なぜお口の中を清潔にしなければいけないのかを伝えることが臨床医として最も大切な仕事だと思っています。

―メンテナンスを受けていただくために、具体的にはどのような取り組みをしていますか?

【石川院長】最近の研究で磨き残しのバイオフィルムが害を出すまで90〜100日の潜伏期間があるというデータがあります。たとえ磨き残しがあったとしても、潜伏期間中にクリニックで汚れを取れば理論的には歯周病は悪化しないわけです。逆を言えば、メンテナンスが柱でなければインプラントや補綴などの高いスキルの治療を受けたとしても結果は悪くなってしまうということです。私自身、若い頃は補綴が好きで、開院当時は自分のスキルに自信を持って「自分の補綴は一生持つ」と思っていました。しかし、口腔内が不潔な状態ではどんな治療をしても永続性が損なわれることに気づき、メンテナンスの重要性を説くことにも力を入れていきました。当院では診療前の契約時に、患者さんにメンテナンスに通っていただけるかお聞きしてから治療に入るようにしています。お口の中はクリーニングすることで、劇的に変わります。食べ物も美味しくなりますし、口臭や粘つきもなくなります。そのような説明を含めた上で患者さんのメンテナンスへのモチベーションを高めるお手伝いをしています。

―歯科医師、衛生士を含めて20人ほどのスタッフが在籍されていると聞きました。スタッフ教育はどのようにされているのですか?

【石川院長】毎週月曜日の昼休みには約1時間のミーティングを行い、患者さんの症例や診療内容、新しく入った材料などについて報告会をしています。出勤日の関係で出席できないスタッフには、ノートやホワイトボードの内容を残しておき、後日見てもらうようにしています。加えて、最低でも月に一度はスタッフ全員で顔を合わせたいので、3時間ほどの全体ミーティングを行います。人数が多いと意識やレベルを統一するのが難しいところがあります。ちょっとでも皆から外れたスタッフがいるだけで、患者さんにとってはそれがクリニックの全体像になるわけですからね。できるだけ情報を共有化して医院としてのレベルを保つように心がけています。また、歯科医師のスキルを統一するため、研修医や新卒で入った医師には基本的に私の師匠である東小金井歯科の岩田健男院長が講師を務めているデンタル・ヘルス・アソシエート、略称「DHA」(歯科医師卒後研修施設)の1年コースを受けてもらうようにしています。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu before
Musa before
Taito before
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細