としま歯科医院

としま歯科医院

外島秀一 院長

頼れるドクター

30672 df 1 main 1409655672

治療内容や治療を受ける機関まで、最善を見極めることが役目

―先生が歯科医師をめざされたきっかけは何ですか?

私の祖父と叔母が歯科医師をしていたので、その影響が強いですね。幼い頃は長期休みの度に祖母が住んでいた福島に遊びに行っていたので、2人が患者さんの診療をしている姿を間近で見る機会が多かったのです。そんな背中を見ていて、子どもながらにすごいな、かっこいいな、と感じていました。そのため、何の迷いもなく「将来はおじいちゃんや叔母さんのような歯医者さんになりたい」と考えるようになっていたのです。はじめは憧れの気持ちからめざした仕事でしたが、歯学部に入学して授業や実習を受けている中で、本当に歯科医師になるのだと実感が湧きましたね。そこで、患者さんのために役立てる歯科医師になりたいと改めて感じました。ちなみに、当院の法人名である「康美会」とは、今は亡き祖父の名前「康美」から付けたんです。「健康で美しい歯を守りたい」という、私の歯に対する考え方や医院のコンセプトと合致するため、採用しました。

―口腔外科を専門的に学ばれた理由はありますか?

大学を卒業後、口腔外科を専門としている歯科医院に勤務しました。そこで学んでいく中で、歯だけでなく全身を診る必要のある口腔外科に興味を持ちました。歯科だけでなく医科の分野にまで携わり、お口のトラブルを改善していくことで全身もよくしていくことのできる口腔外科治療に、非常にやりがいを感じたのです。その後、より専門的に学びたいと考え町田市民病院の歯科口腔外科にて研鑽を積みました。そこでは、技術や知識はもちろん、口腔外科の基本である滅菌の大切さなども知ることができましたね。また、それまでは自分の医院ですべての治療を提供することが理想だと考えていましたが、専門的な知識を学んでいくうちに、専門医による治療をお受けいただくことこそが患者さんのためになるのだと考えるようになりました。正確な検査・診断を行うことこそが開業医の役目であり、「この症例は専門医に紹介するべきだ」という見極めをしっかりとできる歯科医師こそが患者さんに最善の治療をご提供できるのだと思っています。

―開業のあたり、この場所を選ばれた理由は何ですか?

元々、法人経営だったこちらの前身の医院で勤務医をしていました。開業はずっと考えていたので、十分に経験が積めたと感じたタイミングで、「こういった歯科医院をつくりたい」と院長に相談したのです。すると、この医院を受け継いで独立するつもりはないか、という非常にありがたいお話をいただいたのです。ずっと診療していた患者さんを引き続き診ていけることがとても嬉しかったですね。開業すれば大変なことはたくさんありますが、幸いなことに私はスタッフにも患者さんにも非常に恵まれていると感じています。私を信頼して通っていただける患者さんの存在は歯科医師として何よりのやりがいにつながりますし、スタッフは常に明るく笑顔で私をサポートしていれています。これからもスタッフ全員で協力し合いながら、よりよいチーム医療を実現していきたいですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細