全国のドクター8,960人の想いを取材
クリニック・病院 160,755件の情報を掲載(2021年9月20日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 調布市
  4. つつじヶ丘駅
  5. 医療法人社団あか里会 こいけ歯科クリニック
  6. 噛み合わせとメンテナンスを重視口の健康を守るための矯正治療

噛み合わせとメンテナンスを重視
口の健康を守るための矯正治療

医療法人社団あか里会 こいけ歯科クリニック

(調布市/つつじヶ丘駅)

最終更新日:2021/07/13

Main Main
  • 自由診療

きれいな歯並びを手に入れたいというニーズが高まる中、「矯正治療を受けたいけれど、どこで受ければいいのかわからない」「子どもの矯正治療を始めるのはいつがいいの?」という声もよく聞かれるようになった。歯並びは見た目だけでなく、よく噛み、消化を助けるという口の機能にも大きく関わっているので、後悔のない治療を選びたい。「風邪をひいた時に、眼科ではなく内科にかかるのと同じように、矯正治療は矯正歯科を専門とする歯科医師に診てもらってほしい」と語るのは、「こいけ歯科クリニック」で矯正歯科を担当する岩田直晃先生だ。長年、小池仁院長とタッグを組んで矯正治療を行ってきた岩田先生に、一般歯科クリニックで受ける専門性の高い矯正治療のメリットについて詳しく聞いた。 (取材日2021年6月25日)

歯科クリニックで提供する専門性の高いオーダーメイドの矯正。悔いのない治療を受けてほしい

Q専門の歯科医師が行う矯正にはどういった特徴がありますか?
A
1

▲「こいけ歯科クリニック」で矯正歯科を担当する岩田直晃先生

矯正治療は非常に専門性の高い医療で、一般に歯科大学を卒業した後、医局に残り数年間かけてさまざまな症例を経験するなど膨大な知識と技術の積み重ねが求められます。お口の中は一人ひとり状況が異なる上、保定期間まで含めると治療期間は数年にわたります。そのため、さまざまな症例について学ぶだけでも数年を要します。患者さんの特性や顎の成長を見据えた治療計画を立てて、万一トラブルが起こっても適切な修正をするのは、矯正歯科治療を専門に学んだ歯科医師でないと難しいといえるでしょう。

Q矯正を行う装置にはどういったものがあるのでしょうか?
A
2

▲なりたい口元をイメージして治療に臨もう

装置は大きく分けて、マウスピース型の取り外し式、ワイヤータイプの固定式、保定装置(リテーナー)に分かれます。マウスピース型装置は目立ちにくいだけでなく、取り外しができるので食事の後に歯磨きがしやすいなどのメリットがある反面、決められた時間装着しないと計画どおりに進まないデメリットがあります。ブラケットをワイヤーで固定する装置には歯の表側につけるタイプと歯の裏側につけるタイプがあります。他にもお子さん用の歯列の幅を広げるための装置や、噛み合わせを改善するための装置などがあり、患者さんの希望をお聞きしながら、一人ひとりの症状とめざすゴールに合わせた適切な装置を提案させていただきます。

Q矯正治療を始めるのに適切なタイミングはありますか?
A
3

▲歯並びは見た目だけではなく機能的にも重要

お子さんの場合は、小学校に入学する頃の前歯4本と6歳臼歯が生えてきた頃を一つの目安していただけるといいかと思います。思春期は親が矯正治療を進めても肝心のお子さんが反抗して受け入れないこともあります。そんな時は無理やりやらせるよりは、歯科医学的にベストのタイミングを逃してしまったとしても、本人がやる気になるのを待ったほうが良い結果が得られると思います。成人矯正の場合は、時間がたつほどお口の中の状態は悪くなる傾向にあるので、矯正治療をやろうと思い立ったその時がその方にとってのベストなタイミングだと思います。

Q一般の歯科クリニックで矯正治療を受けるメリットは?
A
4

▲治療期間が長いからこそ、歯科医師と患者の信頼関係が重要になる

長く通っているかかりつけ医なら、定期的にチェックすることで、虫歯の有無だけでなく顎の成長や口腔機能の発達の様子なども見ながら、気になることがあった時に機を逃さずに矯正歯科につなぐことができるでしょう。また、矯正中のメンテナンスも定期的に行えるので、虫歯や歯周病のリスクが抑えられることと、万一虫歯になってもすぐに治療を受けやすいというメリットがあります。また、矯正は歯や歯茎が良好な状態でないと治療を進めることはできません。矯正治療専門のクリニックでは一般的に虫歯やかぶせ物などの一般歯科は行わないため、一般歯科と連携の取りやすい環境は矯正治療をよりスムーズにするメリットがあるといえるでしょう。

Qこちらのクリニックならではの治療のメリットを教えてください。
A
5

▲ライフスタイルに合った治療を

独自のプログラムで、プロによる定期的なメンテナンスを行っている点です。これは矯正治療中も同じで、虫歯や歯周病にかからないようにと考えています。また、小池院長自身が噛み合わせと矯正歯科に精通しているので、万一ブラケットが外れるなどのトラブルがあっても、すぐに対応してもらえる点も安心だと思います。矯正装置も表から目立ちにくいセラミックブラケットをお勧めしているため、従来の金属の装置に比べて目立ちにくいです。虫歯から歯並び、噛み合わせまで、お口の健康を土台から考え、一人ひとりの患者さんに合わせた治療と継続的なメンテナンスを提供できるのは、当院ならではの大きな強みだと思います。

ドクターからのメッセージ

岩田 直晃先生

最近、インターネットの広告などで見たという安価な矯正を始めたが、何年たっても変化がないと相談に来られる方も少なくありません。3Dテクノロジーで作製されるマウスピース型の装置を用いた矯正が人気ですが、実際にそれだけでは対応が難しいことも多く、ワイヤー矯正と併用しながら微調整を必要とすることも多いので、私はマウスピース型装置を用いた矯正こそ矯正歯科に関する高度な技術と知識、そして経験が必要だと感じています。安易に値段や期間で決めずに、まずはかかりつけ医に相談してみてください。そして無料相談会などを利用して、実際に担当医に会って話を聞いてみた上でかかるかどうか判断されてはどうでしょうか。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/110万円~、表側矯正/77万円~、裏側矯正/132万円~、小児矯正:顎を広げるための装置/33万円~、嚙み合わせ改善のための装置/5万5000円~

Access