山本歯科

山本歯科

山本雅通院長

医療トピックス

緻密な分析とプランニングでズレを極小化
CT画像を駆使したインプラント

山本歯科

29622 mt 1 title 1371011546

失った歯を機能的にも審美的にも元の状態に近づけることができるインプラント。しかし、高度な技術が必要とされるため、リスクに不安を抱き、治療に踏み出せない方も多い。神田で40年以上の歴史を持つ山本歯科では、CT画像の3D解析とコンピューターガイドシステムを用いた精密なインプラント治療を行い、より安全で正確な治療を目指している。その詳細について、インプラント治療の向上と普及に努める山本雅通院長にお話を伺った(取材日2013年4月30日)

インプラントは根拠に基づくプランニングが重要

プラン二ングを重視したインプラント治療とは?

29622 mt 1 q1 1371011546 ▲「患者さんの不安を取り除くことが一番大切」と語る山本院長 インプラントは、失った歯の代わりとして、長期的に維持していけるメリットがあります。しかし、「なぜその歯を失ったのか」を明確にして治療しなければ、また同じ事を繰り返すリスクがあります。虫歯や歯周病、歯が割れた、食いしばりの問題、適切な治療を受けられなかったなど、歯を失った背景は一人一人異なります。当院では初診時に時間をかけて問診を行ったり、CT画像の緻密な分析をすることで、その歯を失った原因は何か、どのような治療が必要か、そして治療後はどうなるか、という過去・現在・未来を見つめたプランニングを実施し、より安心で安全、そして確実なインプラント治療を実現しています。

CT画像を使った治療のメリットは?

29622 mt 1 q2 1371011546 ▲撮影したCT画像を3Dで立体的に捉えて、診断と治療に生かす 従来のレントゲン検査は二次元的な画像のため、口腔内の立体的な構造までを画像上で把握することが難しかったのですが、CTは三次元的な画像が得られるため、骨の厚み、立体的な構造・神経や血管などの走行状態、噛み合わせの特徴を手術前に把握することができるメリットがあります。CT画像による診断と分析により、インプラントを埋め込むポジションのズレを極小化し、最適な噛み合わせを実現。インプラントを長持ちさせることが可能に。神経との距離も緻密に計算して手術をするので、術後の神経麻痺のリスクも軽減します。当院では提携大学病院の放射線科にCT検査を委託し、より正確で精密なCT画像を撮影しています。

コンピューターガイドシステムとは何でしょうか?

29622 mt 1 q3 1371011546 ▲骨密度も色で判別できるので、どこにインプラントを埋めるべきかが判断できる 大学病院で撮影したCT画像をコンピューターガイドシステムを用いてデジタル化し、パソコン上で解析しています。これにより、一人一人異なる口腔内を上下左右様々な角度から確認し、顎の骨の形状の特徴や血管・神経の走行状況を分析。顎の骨密度も数値や色分類により正確に把握できるので、骨の弱い部分へのインプラントの埋め込みを避けたり、手術中も慎重に扱うことで、体への負担も軽減しています。インプラントを埋入するポジションや角度をパソコン上でシュミレーションしながら、最適な方法を決定するので、手術の精度も上がり時間の短縮にもつながるメリットもあります。

模型も作成すると伺いました。何のために使うのでしょうか?

29622 mt 1 q4 1371011546 ▲オーダーメイドの模型。必要な場合、これを患者の口にはめて手術を行う 治療上必要な場合は、コンピューターガイドシステムで作成したシュミレーション画像をスイスのインプラントメーカーに送り、口腔内の模型をオーダーメイドで作成しています。完成した模型は、手術前に実際に口にはめ、インプラントを埋入するポジション、シュミレーションとのズレ、部品のガタつきの有無等を確認し、少しでも不安があれば調整し、最適なポジションに適切にインプラントを埋入していきます。

術後はどのようなケアが必要ですか?

29622 mt 1 q5 1371011546 ▲ケアのための来院を長く続けることが、長持ちの鍵 当院では治療開始前に、術後に歯がどのような状態になり、どのようなケアが必要かをお話し、患者さんの協力と同意を得てから治療を開始します。というのも、インプラント自体を長持ちさせるためには定期的なケアが必要だからです。インプラントも他の天然歯と同じでデリケートで、自宅でできるセルフケアと、噛ませ方のコントロール、定期検診などのプロフェッショナルケアの両輪で、口内の健康を保つのがベスト。とはいえ、仕事、出産・育児などで十分なケアができない方も多いのが実情。セルフケアが難しい場合は通院によるプロフェッショナルケアを増やし、通院が難しい場合はセルフケアを徹底するなど、一人一人のライフスタイルに合ったケアも提案しています。

ドクターからのメッセージ

山本雅通院長

インプラント治療は、治療の知識だけでなく、虫歯や歯周病との関連性、噛み合わせ、外科的な知識など総合的な知識と技術が問われます。治療はオーダーメイドになりますので、歯を失った原因をしっかり追求し、一人一人に合ったプランニングを行ってくれるクリニックを選びましょう。口は「命」の入口。美味しく食べることができれば幸福感が増し、長生きにもつながります。インプラントは、正しい治療とケアさえされれば、一生維持していける素晴らしい治療なのです。ただ、インプラントをやったことがない方がほとんどなので、不安に思われるのは十分わかります。当院では、不安を少しでもなくすよう、患者さんの背景や知りたいこと、望んでいることを共有し、不安を取り除いて一歩前へ進むお手伝いをしたいと思っています。大変ですが、事実を元に、冷静に一緒に考えていけば、インプラントを通じてより良い生活を営めるようになります。信頼できるクリニックを見つけ、相談してみてください。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細