青木歯科

青木歯科

青木 聡院長

29533

かみ合わせを軸とした歯の総合診療が特徴

―特に力を入れている治療は?

当院は、虫歯だけ、歯周病だけ、といった対症療法ではなく、口の中全体を総合的に治療する「総合歯科治療」を行っているのが特徴で、その中心にあるのが「かみ合わせ」です。実は虫歯も歯周病も、その多くは咬合のトラブルが原因で起きているといっても過言ではないんです。かみ合わせを無視して虫歯だけ治しても、結局また同じところが虫歯になってしまいます。そこで当院では患者さんの歯の模型を作って顎やかみ合わせの診査をしたり、顎関節の検査(顎機能検査)や歯ぎしりの検査をしたりと、かみ合わせをはじめ口の中全体を満遍なく診査した上で「総合診断」を下し、その結果に沿って総合的な治療を進めていきます。かみ合わせの構築のため、矯正治療を行うこともあります。当院の矯正治療の特徴は小臼歯を抜かずに、なるべく外科治療を行わず短期間で行うことです。最終的なかみ合わせはシークエンシャル咬合といわれる様式に仕上げるようにしています。

―患者さんと向き合う上での心がけは?

患者さんと向き合うときは「その人に何が欠けているのか?」を考えて、口の中の「平均点」を上げることを心がけています。例えとして、「桶で水をくむこと」をイメージするとわかりやすいかもしれません。桶は複数枚の板から成っていますが、どんなに長い板が使われていても、1枚板が外れてしまうと1滴も水はたまらないですよね。歯科でも同様で、どんなに高価できれいな治療がしてあったとしても、根本的なかみ合わせの調和を無視して治療されていれば、口腔内の状態が良いとは言えません。ですので何が足りなくて、それをどう補っていけば口の中の全体の状態が良くなるのかを考えます。さらにそのときに欠かせないのが、「なぜこうなってしまったのか」と原因を考察すること。歯がなくなって入れ歯を入れたとしても、その原因を突き止めて改善しないとまた同じところに欠陥ができてしまうんですよ。これらの考え方は私の診察の軸になっています。

―ところで、先生が歯科医師をめざされたきっかけは?

私の父が港区芝で歯科医院を開業していたので、物心ついたときから歯科は身近なものでした。父の仕事ぶりを毎日のように目にし、子どもながらにおもしろいことやっているなあと思っていました。そういった環境でしたので常に歯科医師という職業を意識していました。しかし中学時代にギターを始めてロックに目覚め、また高校時代にはフュージョンに熱中していたので、プロになって音楽をやっていきたいという考えもありました。しかし母に「とにかく受験してみなさい。その後で好きなことをやればいいじゃない。あの漫画の巨匠を見てごらん。医学部に進みながらも、好きな漫画を描いて漫画家として大成したじゃない。あなたも両立できるはずよ」と言われまして。確かにそうだなと思って歯学部受験を決意しました。まあ、うまくだまされました(笑)。

記事更新日:2017/07/20


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細