全国のドクター8,976人の想いを取材
クリニック・病院 160,909件の情報を掲載(2021年5月18日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 千代田区
  4. 御茶ノ水駅
  5. 公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院
  6. 和田 友則 病院長

和田 友則 病院長の独自取材記事

三楽病院

(千代田区/御茶ノ水駅)

最終更新日:2020/08/04

29530 top

御茶ノ水駅からかえで通りを歩くこと3分。絶好のロケーションにあるのが「公益社団法人 東京都教職員互助会 三楽病院」だ。1933年に東京都教職員互助会会員のための病院として開設されたが、現在では広く一般の患者を受け入れている。2020年7月から病院長として同院を率いているのが和田友則先生だ。和田院長は、消化器の早期がんに対する内視鏡治療の黎明期から積極的に取り組み、その礎を築いた内視鏡のエキスパートで、現在も内視鏡センター長や消化器内科部長を兼任している。「当病院のスタッフはみんな優しくとてもフレンドリーです。地域の方々が気軽に普段着で来られる病院でありたいですね」と和田院長は話す。同院の特徴や地域医療での位置づけなどについて話を聞いた。
(取材日2020年7月7日)

親しみやすい普段着で来られる町の病院

病院長に就任されましたが、病院への思いをお聞かせください。

1

当院は1933年に東京都教職員互助会会員を診療するための病院として開設されました。約90年もの長い歴史があり、その重みを改めて感じているところです。開設以来、東京都の教職員の方やそのご家族、OBの方々など数多くの患者さんを診てきましたが、1988年に保険医療機関の指定を受けてからは、幅広く一般の患者さんも受診いただいております。神田、駿河台界隈にお住まいの方やお勤めの方々など地域の方々からも厚い信頼をいただいており、今後もその信頼を裏切らないよう努力していきたいと考えています。幅広い疾患に対応していますが、各診療科において経験豊富な専門医師が適切に診断し、最良の治療に向けて道筋をつけられるように心がけています。診療科同士の壁も低く、科を越えて密な連携が取れているのも、当院の診療の特徴だと思います。

中でも特に力を入れている診療分野について教えてください。

2

一つは「内視鏡部門」です。内視鏡検査によって胃がんや大腸がん、食道がんなどの消化器疾患をごく早期の段階で発見し、内視鏡による低侵襲の治療を行っています。現在では内視鏡的粘膜下層剥離術もかなり普及していますが、当院ではその黎明期より積極的に行ってきており、数多くの患者さんに対して、お体の負担に配慮しながら治療を行ってきました。また、脊椎脊髄疾患治療も大きな特徴の一つで、整形外科とは別に、重い脊椎脊髄疾患に特化した診療を行う「脊椎脊髄部門」を設置しており、診療経験豊富なドクター陣が専門性の高い治療を行っています。特に低侵襲のBKP(経皮的椎体形成術)など先進的な手術に取り組んでいます。また、併設する生活習慣病クリニックでは、脳卒中や心筋梗塞などの重篤な疾患につながる可能性のある糖尿病や脂質異常症などに特化して、専門医師が治療にあたっています。

メンタルケアやお産などにも力を入れていると伺いました。

3

はい。ストレスからうつ状態になる教員も増えていますので、当院では精神神経科を診療し、教職員のメンタルヘルスケアに力を入れています。外来・入院治療から職場復帰に向けてのリハビリテーションなど、トータルなケアシステムによって教職員をサポートしています。これらのメンタルヘルスケアは、一般の企業で働く方々にも共通していますので、ぜひご相談いただきたいですね。また、都心部での出産に対応できるよう、産婦人科も診療しています。当院は以前、附属助産婦学院を併設していた背景から、助産師が19人と多い点も特徴です。5人の産婦人科の医師とともにきめ細かく妊婦さんをサポートしています。また、小児科とも連携して、出産前から出産後まで継続して診療できる点も一つの強みです。近年では、予防医学にも力を入れており、隣接するビルで行っている人間ドックでは各検査コースを用意し、疾病の早期発見、早期治療につなげています。

地域での役割や地域連携について教えてください。

4

当院は、東京都の二次救急指定病院としての機能を担っており、救急の患者さんに急性期医療を提供しています。また地域の方々に広く開かれた病院になるべくさまざまな取り組みを行っています。地域医療連携室では、地域のクリニックからのご紹介患者さんの受け入れや、治療後にはまた地域のクリニックで診ていただけるよう情報を共有し、スムーズな連携を取れるようにしています。また、地域包括ケア病棟60床を設置しており、当院や近隣の大学病院で急性期治療を受けた後、加療入院やリハビリテーションが必要な方や、在宅医療を受けている方の一時的な入院などに対応しています。近隣には大学病院も多く、より高度で専門的な医療が必要な場合には、迅速にご紹介できることが可能です。

今後の展望とメッセージをお願いいたします。

5

これからも医師や看護師、そのほかの医療スタッフも含めて全員で力を合わせて、患者さん方に最適・最良の医療を提供し、三楽病院の存在価値を高めていきたいと思います。当院は、クリニックと大きな病院との中間に位置する病院だと思います。大きな病院は敷居が高くてなかなか受診しにくいと感じる方も多いかもしれません。当院はクリニックの紹介状があるほうがより良いですが、紹介状がなくても受診していただけます。全科で適切に診断し、患者さんのご容体やご要望に即して、最善の方向づけをしていければと思います。スタッフも優しくフレンドリーで、まさに町の病院、普段着で来られる病院です。御茶ノ水駅から徒歩3分と、抜群のアクセスですし、診察後に神田の書店街などの街歩きを楽しむのも良いでしょう。何か体調不良を感じたら、お気軽に相談に来てください。

Access