全国のドクター8,850人の想いを取材
クリニック・病院 160,967件の情報を掲載(2022年1月21日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 千代田区
  4. 岩本町駅
  5. EKIクリニック
  6. 結果重視の治療で来院回数削減多忙な人に合わせた短期集中型治療

結果重視の治療で来院回数削減
多忙な人に合わせた短期集中型治療

EKIクリニック

(千代田区/岩本町駅)

最終更新日:2021/10/15

Main Main
  • 保険診療

整形外科・内科・皮膚科の3つの診療科に対応する「EKIクリニック」は、近隣で働く人の生活に寄り添えるよう体制を整えている。「理想は、ジェネラリストとスペシャリストが4対1くらいの比率で、それぞれの役割を果たすこと」と話すのは齋藤弘院長。ジェネラリストが患者の多様な症状を受け止め、必要に応じて専門性を持つスペシャリストにつなげている。これまでの豊富な臨床経験をもとに、適切な治療を見極め、副作用を抑えた安全性の高い診療に努めている齋藤院長に、利便性と確実性の両方を追求しながら、短期集中の治療に取り組む同院の診療について、話を聞いた。

(取材日2021年9月27日)

整形外科・皮膚科・内科に対応。通院が短期で済むように、適切な治療を提供

Q忙しい人が通いやすいよう、工夫をされているそうですね。
A
1

▲整形外科、内科、皮膚科の診療を平日20時まで行っている

患者さまはお昼休みや仕事帰りなど貴重な時間を割いて受診してくださいます。まずは、できるだけスピーディーに、待ち時間を少なくして治療を受けていただくことが重要と考え、医療クラークによる予診を導入しました。一人ひとりの主訴や既往歴など多量な情報を、診療前にほとんど把握できるような仕組みにしています。こうした仕組みを取り入れることで、待ち時間が短くなるのはもちろん、必要な診療に迅速につなげられるようになっています。

Qこちらの治療の特徴を教えていただけますでしょうか?
A
20211014 2

▲整形外科、内科、皮膚科の3科に対応

整形外科、内科、皮膚科の3つの科に対応し、何科に該当するかわからない疾患や症状にも対応することができます。また、他で治療を続けているが改善の見込みがあまり見られないという方にも相談をよく受けます。そうしたケースでは、最初から診断を見直していくことも大切です。例えば、口唇部の皮膚炎。口周りは脂漏性皮膚炎の好発部位でもあり、皮疹が水疱なのか炎症なのかは丁寧に診る必要がありますが、「口唇部だから口唇ヘルペス」と診断されて抗ウイルス剤を処方されてしまうケースもあるようです。

Q3つの科それぞれで対応する疾患について教えてください。
A
3

▲診療科の偏りなく広範な視点から診断して治療を行う

整形外科では、一般的な擦過傷といった外傷、腰痛から打撲、椎間板ヘルニアや変形性頸椎症、変形性股関節症などの変性疾患、関節リウマチ、痛風など炎症性の疾患、肋間神経痛、手根管症候群など神経障害まで広く診ています。内科では風邪や気管支炎の症状のほか、高血圧症、糖尿病などの慢性疾患が中心です。重症の糖尿病は、専門的な治療につなげています。皮膚科は、アトピー性皮膚炎、尋常性ざ瘡(ニキビ)、 接触皮膚炎(かぶれ)、 脂漏性皮膚炎、やけど(熱傷)、帯状疱疹 、口唇ヘルペスなどです。各科にまたがる疾患も広い視野を持って対応しています。

Q薬の処方はどのようにされていますか?
A
4

▲患者の負担を軽減することを大切にしている

忙しい方が多いので、それぞれの事情に配慮することが大切だと思っています。一人ひとりの状況を踏まえて診察させていただき、適切な量の薬を処方させていただいています。重視しているのは、初回から効果を見込めるお薬を用いて、早く良い結果につなげていくこと。早期に治療できれば、患者さまは何度も通院せずに済み、飲み続けていたお薬からも解放される可能性があります。お薬については、副作用が気がかりな方もいらっしゃるかもしれませんが、長い臨床経験からそうしたことについても熟知していますので、安心してお任せいただけたらと思います。

Qできるだけ早く治せるように対応していると伺いました。
A
5

▲結果重視の治療で来院回数削減を目指す

はい。緊急に痛みを取りたい方には、整形外科の診断と治療だけでなく星状神経節ブロックや仙骨硬膜外ブロック、また傍脊柱神経ブロック、肩甲上神経ブロックといったアプローチも可能です。ただし、基本的には初回診療から用いることはあまりありません。当院では厳選したリハビリテーション機器をはじめ、固定やけん引など、負担の少ない手法をたくさん用意していますので、そうした方法も選択肢に入ります。その方にとって適切で、早期に結果が出ると判断した治療法から順にご提案してまいりますので、お悩みがある方はお気軽にご相談ください。

ドクターからのメッセージ

齋藤 弘院長

「原因はわからないけど頭が痛い」など、気になっている痛みやつらさをお持ちの方は少なくないでしょう。ただ、そうした方も多忙なため、なかなかクリニックにかかれなかったり、医師に相談しづらかったりするケースもあるかもしれません。当クリニックでは、そうした方のために夜間まで受付しており、かかりやすくするだけでなく、できるだけ短期間で治療が終わるように努めています。忙しい働き世代の方も、ぜひご相談にお越しください。近隣でお困りの皆さんのお役に立てるよう、原因を丁寧に見極め、それに基づく適切な治療を行ってまいります。

Access