九段坂病院

九段坂病院

中井 修院長

頼れるドクター

29374

九段下駅から徒歩2分の「九段坂病院」。2015年11月に移転リニューアルした同院の外観はまるでホテルのようで、一見すると病院とはわからない。院内はベージュを基調にし、廊下も広々。同院は脊椎や脊髄の疾患の治療を得意とし、全国から患者が集まることで知られるが、その中軸である整形外科の指揮を執り、院長を兼任するのが中井修医師だ。厳かな権威が想像していたが、本人は至って自然体。柔和な笑顔が目立つ。その人柄は「手術したら患者さんとは一生の付き合いになる」と言った言葉からも類推される。整形外科の強みを生かしながら、診療分野をさらに広げていく構想もあるそう。「患者さんが満足できる医療のために」と語る中井院長に、リニューアルの内容や脊椎脊髄疾患の治療などを聞いた。
(取材日2016年8月3日)

脊椎脊髄疾患の治療を得意とする理由は歴史の長さ

―まるでホテルのような外観で驚きました。リニューアルでの変更点は?

そうでしょう。自慢できる病院になったと思います。従来の病院にありがちな無機的な雰囲気にならず、患者さんがリラックスできるように工夫しました。院内は柔らかいベージュを基調にし、廊下も広くして。僕にとっても念願だったんです。以前の建物は老朽化が進んでいたため、院長になった10年前に移転の構想が持ち上がったのですが、何度か頓挫しかけました。そんな折、千代田区役所の跡地が空いていることがわかったんです。石川雅己区長や区議会と話し合って合意を得、何とか実現できました。区が運営する高齢者支援施設も入っています。広さは1万8千平方メートルとほぼ倍になり、回復期リハビリテーション病棟42床を新設。整形外科疾患の治療はリハビリが重要ですから、これは非常に大きな前進。脳卒中の脳に磁気を当てる先端的な治療も行っています。

―設備もより充実したそうですね。

ええ。MRIの新しい機種を2台導入したほか、手術中に機器を移動させながら撮影できるCTも入れました。後縦靭帯骨化症で首を手術をする時に、脊髄に近い部分の骨を削る場合がありますが、これを使えば手術中に切除した部位がわかるので、勘に頼らない、より安全性の高い手術をすることができます。まだ全国で10台ほどしかない機器です。それと、患者さんの全身を頭からつま先まで、立った位置で1枚のレントゲン写真にとれる装置があります。コンピューターを使った合成する装置なのですが、背骨の変形、側彎症などの診断治療に役立ちます。

―同院は脊椎や脊髄の疾患の治療で全国的に知られています。なぜ得意なのでしょう?

それは歴史の長さに裏打ちされたものです。1980年、当時の院長だった山浦伊裟吉名誉院長が病院の特色をつくろうと、ご自身の専門だった脊椎脊髄疾患の患者さんを集中的に治療する専門化を図りました。脊柱靭帯骨化症など、まだ治療方法が確立していなかった疾患の治療にも果敢に挑戦。そうした結果、これらの疾患に対する手術を多数手がけてきました。インターネットの普及とともに患者さんのクチコミが広がり、北は北海道、南は沖縄と全国各地から患者さんが集まるように。患者さんは治療がうまくいかず、最後の希望を抱いて受診される方が多いですね。整形外科のスタッフは僕を含めて10人の医師が在籍し、うち7人が脊椎の専門医です。

記事更新日:2016/09/26


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細