全国のドクター9,207人の想いを取材
クリニック・病院 160,820件の情報を掲載(2021年4月15日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 中央区
  4. 水天宮前駅
  5. 医療法人社団碧空会 日本橋梶村歯科医院
  6. 目立たないから気づかれにくいマウスピース型装置を用いた矯正

目立たないから気づかれにくい
マウスピース型装置を用いた矯正

日本橋梶村歯科医院

(中央区/水天宮前駅)

最終更新日:2020/07/31

Top Top
  • 自由診療

八重歯や出っ歯などで歯並びが気になっていて、きれいに治したいと思っている人は多いだろう。しかし矯正治療でつけるワイヤーの見た目や期間の長さ、費用などの問題から、矯正することに二の足を踏んでいる人は多い。ただ、最近は透明のマウスピース型装置を用いた矯正法が登場し、「矯正期間中の見た目」の問題が改善されてきている。はた目にはほとんどわからないといわれるマウスピース型装置を用いた矯正は、見た目以外にも虫歯になりにくい、痛みが少ないといったメリットもあるのだとか。スタッフも全員、この方法で矯正をしているという「日本橋梶村歯科医院」の梶村たまき院長に、マウスピース型装置を用いた矯正について教えてもらった。 (取材日2020年4月1日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q歯列矯正をすることのメリットを教えてください。
A

見た目の改善がまず第一に挙げられますね。そのほかに、歯並びが悪いと歯磨きがしづらい部分が出て汚れがつきやすかったり、滑舌が悪くなりやすかったりしますが、それらの問題を改善させていくことも可能です。また、歯並びが悪いことで上顎部が狭くなり、その結果鼻づまりやアレルギー症状につながる場合もあります。歯列を矯正し上顎部を広げることで、そういった問題も解消していきます。そういった意味でも、健康な体に変えていくメリットもありますね。また、虫歯予防、歯周病予防にもなりますので、全身の健康に役立ちます。

Q矯正にかかる期間や費用を教えてください。
A

その方の歯並びや口腔内の環境によって違います。ちょっと歯を動かすだけなら1年もかかりません。一方、長い方は2~3年かかります。費用はトータルで100万円くらいですが、簡単な矯正なら20万円くらいで済む場合もあります。いずれにせよ、その方のお口の中を見ないとはっきりしたことは言えません。口を開けたときに目立つ前歯だけを治したいという方もいますが、長い目で見ると、見た目だけを重視し一部だけを治すのではなく、奥歯の噛み合わせまで考えて、きちんと噛めることを重視して全体を治したほうがいいと思います。しっかりした噛み合わせを手に入れ、歯並びが整った先に全身の健康があると考えていただきたいですね。

Qマウスピース型の装置は、ほかの矯正方法と何が違うのでしょう?
A

一般的なワイヤーを用いた矯正は、歯磨きが難しくて虫歯になりやすいのですが、マウスピース型の装置ですと歯磨きをする際は外せますので、歯磨きの難しさが軽減され、虫歯予防という点で優れていますね。一方で、自分で取り外しができるため外している時間が長くなると歯が動いてしまい、装置が入らなくなってしまうことがありますので注意が必要です。装置が透明かつ目立ちにくいため、接客業や営業職の人でも矯正が始めやすいのではないでしょうか。さらに、当院で導入しているシステムを用いて、矯正開始前から終了後のシミュレーションを画像でお見せしていますので、事前に、矯正が終わった後の様子を確認できます。

検診・治療START!ステップで紹介します

1カウンセリング

カウンセリングでは、歯を抜く必要があるか、料金はどのくらいかを事前に確認できる。矯正を始める前の人はもちろん、他のクリニックで矯正治療を受けている最中の人や、矯正をやり直したい人も相談可能。同院のスタッフも全員がマウスピース型装置での矯正を経験。矯正中のスタッフもいるので、リアルな声を聞いたり、装置をつけている様子を確認したりできる。初回のカウンセリングは無料で、セカンドオピニオンも可能。

2検査・診断

最初にレントゲンで口腔を撮影し、すぐにマウスピース型の装置での矯正が始められるのかを診断する。仮に歯に角度があるような場合はマウスピース型装置を装着するのが難しかったり入らないような症例もある。その場合は、それぞれの歯の状態をみて、大人・子どもでも対応可能な方法を提示してくれる。

3施術内容の説明

同院が導入している矯正のシステムでは、矯正開始前に映像シミュレーションが届く。シミュレーションから、歯の動きや、歯を削る必要がある場合どこをどのくらい削るかという情報が確認できる。それを見ながら歯科医師と患者がイメージをすり合わせ、患者の希望に沿うように調整をする。この時点で仕上がりのイメージをつかむことができ、ある程度の期間もわかる。スキャナーを使うので、嘔吐反射が強い人も楽というのも魅力的だ。

4矯正開始

マウスピース型装置を受け取ったら装着を開始。1ヵ月から2ヵ月に1回来院し、装置がフィットしているかを確認する。また、虫歯の有無も確認してクリーニングを行う。1ヵ月~2ヵ月という短い期間で歯をチェックしていけるため、虫歯があれば小さいうちに治療をしていくことも可能だ。マウスピース型装置が合わなくなっているようであれば、装置を作り直す。装着中の痛みは大きくなく、食事も普通に食べられる人が多いそう。

5矯正終了後のアフターフォロー

動かした歯は必ず後戻りしようとするため、その後戻りを防ぐために最後に使用したマウスピース型装置を継続して使用することが重要だ。しかし最後の装置を長いこと使用するため、なくしたり割れたりすることも。そういった場合は、作り直しも可能なのだそう。また、同院では患者との付き合いは一生続くものと考え、健康な口腔内を保てるように歯のクリーニングを定期的に行い、虫歯と歯周病予防にも努めている。

ドクターからのメッセージ

梶村 たまき院長

マウスピース型の装置を使うと、矯正をしていることが他の人からわかりにくいため、営業職や接客業の方でも見た目を気にせず始めることができます。また、当院では矯正歯科専門の歯科医師が歯列矯正を担当していますし、スタッフ全員がマウスピース型装置での矯正の経験者で、現在矯正中のスタッフも多いです。この方法に関するご相談や、実際にやってみてどうかという質問もしていただけます。歯列矯正は見た目をきれいにしていくだけでなく、噛み合わせもしっかり合わせていきますので、全身の健康にもつなげていけます。ここ10年で機器がとても進化し、適応症例が圧倒的に増えました。歯並びが少しでも気になる方はお気軽にご相談ください。

Dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/80万円~、部分矯正/40万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access