TOKYO歯周&矯正クリニック

TOKYO歯周&矯正クリニック

竹内泰子理事長

予防歯科の観点に基づいた
健康な口腔状態を保つための歯列矯正

TOKYO歯周&矯正クリニック

自由診療

Top

矯正治療の目的として、最初に「見た目の美しさ」を挙げる人も多いかもしれないが、歯並びを整えることはそれ以上の大きなメリットをもたらすのだそう。年齢とともに歯並びは変化していくが、それによって歯ブラシが届きにくくなり歯に汚れが残ってしまい、その汚れが虫歯や歯周病の原因となることも。スウェーデン式の予防歯科によるプラークコントロールで歯周病の治療を行っている「TOKYO歯周&矯正クリニック」では、今ある歯を健康な状態で維持することを目的に歯列矯正を実践。そこで、同院で矯正歯科を担当する竹内泰子理事長に、実際の矯正の流れや歯列矯正がもたらすメリットについて聞いた。 (取材日2019年2月15日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

歯列矯正はどんな人に必要ですか?

歯磨きをしていて、うまく歯ブラシや歯間ブラシが使えているかどうか気になったときに矯正治療を考えていただくとよいと思います。歯並びが悪いと通常のブラッシングではきれいに磨ききれずに、汚れが残ってしまいます。歯並びを整えることで日々のお手入れがしやすくなりますので、お口の中をきれいな状態に保ちたい人にはお勧めしたいですね。マウスピース型装置による矯正では、40代や50代の方はもちろん、70代以上といった年齢が高い方の実績もあります。

虫歯や歯周病と歯並びにはどんな関係があるのですか?

歯並びが悪かったりすると、通常の歯磨きでお口の中の歯についた汚れを完全に取除くのは難しく、汚れが残ってしまうことで、虫歯や歯周病を発症してしまいます。矯正治療というと見た目の美しさばかりが注目されがちですが、当院では、歯列矯正を見た目の美しさはもちろんのこととして、お口の中をきれいな状態に保つことによってお口の健康を守る有効な手段として取り入れています。虫歯や歯周病といった疾患を予防することを第一の目的として、従来のワイヤー矯正から透明で目立たないマウスピース型装置による矯正まで幅広く扱っています。

マウスピース型装置による矯正期間の目安は?

治療期間はプランニングによりさまざまですが、使用するマウスピース型装置の数によって変わってきます。通常、約1週間に一度のペースでマウスピース型装置を交換していきますから、例えば56個のマウスピース型装置が必要な人は約1年で終了しますし、もっと治療期間が長い人もいれば1~2ヵ月で終了する人もいます。期間の決定は、現在のお口の状況から治療をするとどうなるかを想定したイメージをコンピューター上に映し出し、患者さんとそれを見ながら綿密な治療計画を立てることで、決定していきます。

検診・治療START!ステップで紹介します

まずはカウンセリングで現在の自分の歯の状態を知る

専門のスタッフが問診票に沿って質問をしてくれるので、それに答えていく。質問内容は、何が気になるか、これまでの歯科の受診歴、どんな治療をしてきたか、清掃状態や歯科医院でのクリーニング経験があるかなど。基本的にはほかの治療での初診時での確認事項に加え、矯正についての不安や要望も聞いてくれる。

光学印象検査でさらに詳しくチェック

矯正を始める前に口内の型採りを行う。型採りには光学印象を用いるのが特徴。従来の型採りに比べ、口の中をそのままスキャンできるので、短時間かつ苦痛を少なくでき、患者の負担を大幅に減らすことができるそうだ。また、この結果を基に矯正結果のシミュレーションを行う。これらの検査は、歯科衛生士が担当するそう。

計画の詳細について説明を受ける

現状の口腔内の状況をパソコンに映し出し、矯正をしたらどうなるかをわかりやすく説明してくれる。現状と想定される矯正後をもとに、どのように進めていくか、患者とともに計画を立てていく。マウスピース型装置であれば1日20時間以上装着すること、食事の時は外して、食後歯磨きをしたらまた自分で口の中に戻すこと、就寝時も装置は装着したままにしていることなど、矯正の詳細について説明を受ける。

矯正がスタート

マウスピース型装置は柔軟性があり薄いアクリルのような素材でできているので曲げやすく扱いやすいのが特徴。歯を一気に動かすのではなく、きちんと正しく動いているかを確認しながら進めていくので、毎回の診察の後、次回受診のタイミングを教えてくれる。「何個目のマウスピース型装置を装着したら来院してください」など、わかりやすく伝えてくれる。ワイヤー矯正と比べて痛みが少ないのも特徴の1つだそう。

定期的な通院でメインテナンスを行う

重要なのが定期的なメインテナンスによる途中経過の確認。虫歯や歯肉炎、歯周病などの病気になっていないか、歯の表面に接着したアタッチメントがついているか、ちゃんと装置をはめられているかといった使用状況を毎回チェックする。不満や気になることも相談でき、トラブルがあればその都度来院することも可能。帰り際に矯正に必要なキットを受け取り終了。

料金の目安

マウスピース型装置を用いた矯正/40万円~ ワイヤー矯正/30万円~

ドクターからのメッセージ

竹内 泰子理事長

当院では、日本人の多くが歯列矯正を受けずに高齢化していく中、少しでも歯磨きがしやすい状態に改善していただきたいという思いで矯正治療を取り入れています。歯周病で歯並びがガタガタになってしまう場合だけでなく、年齢とともに変わってきていますので、乱れてしまった歯並びを一度リセットするためのプランニングをしています。プラークコントロールしにくい、歯ブラシが当てづらいというお悩みをできる限り解決するため、多くの方に「まだ大丈夫ですよ」、「いくつになっても矯正治療は受けられますよ」ということを広めていきたいですね。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細