全国のドクター9,103人の想いを取材
クリニック・病院 161,407件の情報を掲載(2020年4月01日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 中央区
  4. 日本橋駅
  5. 五大歯科
  6. 健康的な生活と食事を楽しむためチームで取り組む予防歯科

健康的な生活と食事を楽しむため
チームで取り組む予防歯科

五大歯科

(中央区/日本橋駅)

最終更新日:2020/03/06

Top Top
  • 自由診療

歯科技術の進歩により、天然の歯を失っても優れた素材の人工物でカバーすることができるようになった。しかし、現在も先進のセラミックス治療の研究を続け、最新技術の習得に努める「五大歯科」の小林豊明副院長は、「どれだけ技術が進んでも、天然歯に勝るものはありません」と力を込める。虫歯や歯周病など、天然歯に支障が生じた場合さまざまな技術を用いて速やかな「回復」をめざすが、理想はすべての歯を失わず、健康的な状態を維持することだという。そのために欠かせないのが予防だ。同院では、歯科医師とベテランの歯科衛生士がチームを組み「トラブルを防ぎ、天然歯を守る」ための予防歯科に注力している。そこで、自分の歯でおいしく食べ続けられる環境づくりをサポートする小林副院長に話を聞いた。 (取材日2019年9月17日)

健康な口腔を維持するには、一人ひとりに合った専門的なケアとセルフケアが不可欠

Qなぜ予防歯科が大切なのでしょうか?
A
1

▲「トラブルを防ぎ、天然歯を守る」ための予防歯科に注力

昨今、健康寿命の延伸が叫ばれるようになりましたが、健康寿命を延ばし体を健康に保つためには適切な栄養摂取が欠かせません。そこで重要になるのが、健康の入り口ともいわれる「口」の環境です。虫歯や歯周病などがなく、食物を奥歯でしっかり噛むことができると、唾液の質も上がり消化にも良いですし、適切に栄養を摂取することができます。ですから、口腔環境を生涯にわたって健康な状態に維持するための「予防歯科」は、これからとても大切になると感じています。健康的できれいな口元はその人を若々しく美しく見せますから、「予防歯科」を上手に活用していただき、心身ともに健康で生き生きと楽しい生活を送ってもらえたらうれしいです。

Q予防歯科ではどんなことをするのですか?
A
20191018 2

▲清潔な診察室

治療が必要な方はまず適切な治療を行い、健康な口腔内に「回復」させる必要があります。その上で、良い状態を「維持」すべく「予防歯科」でメンテナンスを行います。その中では、虫歯や炎症の有無、磨き残しや噛み合わせのチェックなど、口腔内を細かく診て、問題が見つかれば早急に対応します。また、歯科衛生士がバイオフィルムや歯石、着色の除去といったプロフェッショナルケアを行うとともに、セルフケアについてもサポートします。当院では専門家のもとで研鑽を積んだスタッフが、歯磨きの仕方から食事のアドバイスまで、個々のライフスタイルに適したケアを提案しており、口だけでなく全身の健康にもつなげることをめざしています。

Q同院で行うプロフェッショナルケアについて教えてください。
A
3

▲ベテランの歯科衛生士がメンテナンスを行う

虫歯や歯周病のない健康な口腔を維持するため、専門的なトレーニングを積んだ歯科衛生士がメンテナンスを行っています。具体的には歯ブラシと専用の機器を用いて隅々までクリーニングを行い、虫歯と歯周病の原因となるバイオフィルムと歯石を徹底的に除去します。健康保険では基本的に「予防歯科」は対象外となり、クリーニングも自費診療ですが、当院では次の予約を取って帰る方が多く、継続的に受診される方が増えています。定期的にクリーニングを利用することで、虫歯と歯周病のリスク軽減が期待できますので、健康的で生き生きとした日常を過ごすためにも、3ヵ月に1度のクリーニングをお勧めします。

Qメンテナンスにおいて歯科衛生士の皆さんが心がけていることは?
A
4

▲患者の通院モチベーションをサポートするスタッフ

あくまで主役は患者さんです。ですから、まずはその意識を持っていただき、ご自宅できちんとケアできるよう歯科衛生士がサポートしています。その際、彼女たちが心がけているのは無理をさせないこと。すべてを完璧に磨くことが目的ではなく、効果的なデンタルフロス・歯間ブラシの使い方、歯に優しい間食法など、一人ひとりのライフスタイルに合わせたアドバイスをしています。そして、ご自身でケアができるようになったら、その状態を維持できるよう継続的に口腔内の変化をチェックし、少しでも変化があれば歯科医師と連携し、早期発見・治療につなげています。私たちは患者さんの応援団として、お口の中の健康をサポートしたいと思っています。

Q予防歯科を継続させる上でどんな工夫をしていますか?
A
5

▲口腔内をチェックをする習慣をつけてほしいと語る先生

患者さんがメンテナンスで来院した際、3ヵ月後の予約を取れるようにしているほか、電話やはがきを通じて受診し忘れないようフォローしています。そうやって定期的にチェックすることで、患者さんのモチベーションアップにもつながると思います。おいしく食事ができ口元が健康できれいだと、それを維持したいと思えますからね。そういう意味ではホワイトニングも有用で、希望される患者さんが増えています。歯が白くなると見た目の美しさはもちろん、若々しく健康的に見えるのが期待できるので、若い方だけでなく年配の方からのニーズも高いですね。当院ではメンテナンス同様に経験豊富な歯科衛生士が担当していますので、気軽にご相談ください。

ドクターからのメッセージ

小林 豊明副院長

症状がない段階から通院して口腔内をチェックをする習慣をつけると、万が一、虫歯や歯周病の兆候があったときに早期に発見でき、大きなトラブルになるのを防げます。また、早期に介入することで通院回数や費用を抑えることもできるので、患者さんの負担軽減にもなります。例えるなら、予防歯科は車の車検や美容院のようなもの。車も髪も、手の施しようがない状態になってからプロに頼るより、2年に1回、1ヵ月に1回といったように定期的に通うことでベストな状態を保てているのではないでしょうか。きれいな口元で笑顔で過ごすために、そしていつまでもおいしく食事を楽しむために、気軽な気持ちで歯科医院に足を運んでいただきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

プロフェッショナルケア/1回1時間1万円、ホワイトニング(ホーム+オフィス)/5万円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access