銀座山崎メンタルクリニック

山崎友子 院長

28791 df 1 main 1358823091

精神的な疾患も圧倒的に治るもの。楽観的に治療を受けてほしい

―企業側の取り組みの現状は?

高齢・障害・求人雇用支援機構という団体があり、無料で休職期間中のリハビリテーションも行っていて、私の患者さんも利用しています。私も時々講演をするのですが、前回は会社の人事担当者を対象に「うつ病に関する休職と復職」をテーマに話をしたところ、多くの企業の方が参加されました。企業側も、休職期間が一時的にあっても、その後長く勤務してくれるほうが会社にとってもメリットだと理解を示すようになっています。患者さんの復職の際にも、お願いすると9割近くは上司や人事の方がここに来てくれます。最初はなるべく残業は少なく、このタイミングで面談をしてほしい、具合が悪くなる事があれば私に連絡するようになど、注意項目やスケジュールをお渡します。そこまでやると、一生懸命に協力してくれますね。高圧的な上司がいる環境にも、医者が介入します。会社側がその上司をコントロールできなければ、診断書を出して異動をお願いすることもあります。

―先生が仕事でやりがいを感じる時は?

患者さんが復職して元気に仕事をしている姿を見ること。当クリニックでの休職の平均は3〜4ヶ月、さらに復職後1年間通院していただいて卒業しています。病気によっては長い通院が必要になりますが、普通の神経症やうつ病はきちんと直せば、再発は非常に少ないと思います。年賀状をいただくこともあって、元気な様子にほっとします。社員証をつけて診察にこられ、また仕事に戻っていく方も多いので、ここに来て少しでも気持ちが和んでいただけるとうれしいです。

―プライベートはどう過ごされていますか?

落語、町歩き、本を読む、好きなことはいっぱいあります。フィギュアも集めていますし、乗り物も好きなんです。小学生の頃は全鉄道の駅の名前が言えたぐらい(笑)。写真も好きで雲ばっかり撮っています。毎日退屈しないんですね。仕事のある日は疲れ切っちゃうので、家でぼーっとしています。

―読者へのメッセージをお願いします。

精神科の病気は統合失調症や双極性障害も、ずっと悪いままではなく、社会的に見れば治るもの多いんです。だからみなさんも治ると思って治療を受けていただきたいです。仕事をしてる方で、会社に行きたくない、遅刻や休みが続いていると気がついたら、気楽に相談にきてください。私は精神療法を重視してさまざまなお話を伺いますが、納得される方ばかりではなく、薬だけもらえれば余計なことは話したくない聞きたくないという方もいますので、やはりご自身で相性の合う先生を選んでいただくのがいいと思います。

記事更新日:2016/01/24

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細