長歯科医院

長 政隆 院長

28674 df 1 main 1353460110

きちんと噛める歯が、生き生きとした生活を創りだす

―これまで印象に残っている事を教えてください。

練馬からここに移る時に、誰にも告げすに来たのですが、わざわざ調べて何人もこちらに通ってこられるのは、うれしいですね。その中には、僕の母親と同じ年の患者さんがいて、性格的もどこか母に似ているんです。きついことも言われ、口喧嘩になることもあるのですが、それでも必ずまたお見えになる。実の母親は宮崎にいるので、一度も治療をしたことはないのですが、「うちのお袋も同じことを言うかな」と感じます。そういう関係が生まれるのが楽しいですね。「先生に会いに来てるんだよ。先生に治療してほしいから」という言葉は忘れられません。若い頃は技術追求に一直線でしたが、今は患者さんの生活習慣やバックボーンまでしっかり見るようになり、人間同士として付き合いが深まりました。自分が医者として欠けている部分を患者さんにたくさん教えられてきたんです。その恩返しの意味でも、より多くの患者さんに満足していただける治療をめざしていきたいです。

―ご自身の健康のために気をつけていることはありますか?

歯科衛生士の妻の協力を得て歯のケアに気をつけています(笑)。ホワイトニングは自分でしていますよ。僕は虫歯がゼロで治療歯もなく、小さい頃から歯医者に行ったことがありません。患者さんの気持ちが分からないせいで、思い切った治療ができたと思います。しかし、先日ついに初めて歯槽膿漏で歯を1本抜いたんです。麻酔も抜歯も自分でやったのですが、患者さんの気持ちがよくわかりました! 歯ブラシはそんなに上手くないので、歯槽膿漏になってしまい、歯ブラシの大切さを痛感しているところです。やはり、歯ブラシが最も安価で効率の上がる予防方法なんですね。スポーツは、学生時代からテニスをやっていて、テニス部主将も務めました。加圧トレーニングをはじめて1年になりますが、体調もよく太りにくくなりました。でも、仕事が好きですね。後輩と「仕事をとると、俺たち何も残らないな」とよく話しています。ボーン・デンティストかもしれません。

―今後の展望を教えてください。

新しい治療ではなく、今まで自分が培ってきた技術やノウハウの全てを出して、患者さんと向き合っていきたいです。インプラント治療をされた方は、ほとんどの方がメンテナンスで定期的にお越しになるので、責任を持ってケアを続けていきます。付き合いの長い患者さんばかりで、みんな友達みたいなんですよ。インプラントは金属なので虫歯にはなりませんが、歯槽膿漏には注意が必要です。僕の患者さんの中にはもう20年もインプラントを維持している方もいます。それは僕の財産でもありますので、より長く使っていただけるように診ていきたいです。歯をきちんと手入れをして、ちゃんと噛めるようにすることで、顔も姿勢も自然にきれいになります。ぜひ、みなさんも歯への意識を高く持っていただきたいです。何か歯でお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

記事更新日:2016/01/24

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access