医療法人社団スリープクリニック スリープクリニック銀座

医療法人社団スリープクリニック スリープクリニック銀座

渋井佳代院長

医療トピックス

眠りの質を精密測定
「睡眠計」が教えるライフメイク

医療法人社団スリープクリニック スリープク
リニック銀座

28663 mt 1 title 1418032586

眠りの悩みを医療機関に相談すると、多くは問診や睡眠日誌など患者の訴えに基づく治療が行われる。しかし、患者の感覚と現状は必ずしも一致するとは限らず、治療が難航することは少なくない。「スリープクリニック銀座」の遠藤拓郎理事長は、高精度の「睡眠計」を導入し眠りを客観的に評価。旧来の診療の問題点を解決した。睡眠計による治療や開発されていく便利な睡眠グッズについて、詳しくお聞きした。 (取材日2014月11月11日)

利便性も精度も日々進化。治療も予防も、簡易化する睡眠治療グッズを上手に活用

クリニックで使用している「睡眠計」とはどんなものでしょうか?

28663 mt 1 q1 1418032586 ▲遠藤先生の睡眠解析グラフ。良好な睡眠が確保できている 睡眠計は、万歩計のような形をした小さな機械です。手首や腰のベルト部分に装着することで、患者さんの活動量を24時間にわたって測定し、睡眠の長さと質を調べます。2012年に導入した新機種では、さらに睡眠時の寝相や寝返りの回数まで分かるようになりました。測定結果を示した「睡眠解析グラフ」のうち、黒い部分は活動量と活動時間を示します。水色は良好な睡眠で、黄色はよく眠れていない時間です。それぞれの波形の下のカラフルな帯は、体の向きを示しています。紫はうつぶせ、肌色はあおむけ、青は右、緑は左を向いている状態。これで、いつ寝返りを打ったか、どっちの方向を向いて寝ていたかまでわかるのです。実際に、私自身が測定したものを例としてご覧ください。寝ている時間は、だいたいあおむけで、ほぼ良好な眠りであることが示されています。

なぜ、睡眠計が必要なのですか?

28663 mt 1 q2 1418032586 ▲小型計量型の睡眠計。その計測力の精密さは実証済み より正確な診断をし、効果の高い治療を行うためです。普通の内科では体温計で熱を計り、循環器科では心電図を取るなどして、客観的なデータに基づく治療をしていますよね。睡眠治療も同じで、睡眠時の状態を客観的に計ることが必要です。従来の睡眠治療は、問診や睡眠日誌の記録など、患者さんの訴えに基づく治療が中心で、診断の正確性が不十分でした。患者さん自身は寝ている時の自分の様子はわかりませんし、睡眠日誌も記入忘れがあったり、途中で起きたと思って記録した時間帯が正しいかどうかはわからないからです。しかし、睡眠計を使えば、睡眠の質の判定から、治療前の診断と重症度の判定、治療の効果の確認や治療後の再発の有無までチェックできます。当院では、患者さんすべてにこの睡眠計を使っていただき、より正確な診断と効果の高い治療を行っています。

薬を使わずに睡眠障害の治療を行うことはできますか?

28663 mt 1 q3 1418032586 ▲疑問があればすぐに質問を。わかりやすく丁寧に答えてくれる できる場合もあります。睡眠障害の治療は、睡眠計で測定した後、生活リズムを整えるよう生活指導していく方法が一般的です。これだけで症状の改善が見られる人は、無理に薬を使って治療していく必要はありません。ただ、生活改善の指導で治らなかった方には、睡眠薬やその他薬剤を使った治療が必要になります。患者さんによっては薬では治療効果が得られない場合がありますのでシーパップや光療法などを使って治療しています。

治療グッズには「睡眠計」の他に、どのようなものがあるのですか?

28663 mt 1 q4 1418032586 ▲シーパップ以外の治療法として人気の高いマウスピース治療 睡眠時無呼吸症候群であれば、眠っている最中に装着するシーパップ(呼吸補助装置)やマウスピース、口を止めるテープ、顎を支えるストラップなどです。スリープクリニックショップ銀座店には、「シーパップステーション」が設置されていて、シーパップもレンタルや購入の前に試着できます。より快適だと思える器具をお選びいただければうれしいですね。また、睡眠のリズムが崩れてしまっている方に有効な「光療法」の機械、むずむず足症候群を緩和する「電気刺激装置」、いびき・歯ぎしり防止専用のグッズなどもあります。クリニックで診断を受けたら、ショップに足を運び納得いくまでお試しください。

睡眠障害の対策と予防に効果的な方法とは?

28663 mt 1 q5 1418032586 ▲シーパップが並ぶショップ。安眠効果を高める音楽やアロマも充実 さまざまな道具を使って、症状の測定と治療をしていくのが睡眠治療です。もちろん睡眠治療をするために、誰もが道具を必要としているわけではありません。しかし、必要とする人が多いのは確かで、特に「睡眠計」は現時点で病気と診断されていない方にも予防するための最適な道具だといえます。ご自分の眠りの質を知れば、誰だって睡眠への興味や意識は高まるはず。また、“睡眠の質”を高める簡単な方法としては、リラックス効果のある音楽やアロマを使うのも効果的です。枕などの寝具にこだわるのも良いでしょう。

ドクターからのメッセージ

遠藤拓郎理事長

「スリープクリニック銀座」では今後、良い睡眠を取って若々しく生きる「睡眠アンチエイジング」や、眠りが美しさを作る「睡眠コスメ」に力を入れていきたいと思っています。調布や青山とはまた違う、銀座ならではの睡眠治療をご体感いただければうれしいです。ショップもまた、新しいグッズをいち早く取り入れ、さらにクリニックとの連携を強めていきます。治療器具への疑問があれば、どんどんショップを有効利用してください。睡眠は、全身の健康状態に直結し、日々のQOLに大きく影響するものです。正確なデータに基づく確実な治療で、患者さんが豊かな眠りを得られることを願っています。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細