全国のドクター8,725人の想いを取材
クリニック・病院 161,529件の情報を掲載(2019年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 中央区
  4. 銀座駅
  5. 銀座矯正歯科
  6. 速くきれいに治したいというニーズに応えるHIスピード矯正

速くきれいに治したいというニーズに応える
HIスピード矯正

銀座矯正歯科

(中央区/銀座駅)

最終更新日:2016/01/24

28656 mt 4 title 1384254135 28656 mt 4 title 1384254135

成長の途上で順応性の高い子どもの矯正治療に比べて、大人の矯正治療は、歯を移動させるのに時間がかかるというのが今までの常識だった。それを覆したのが、「銀座矯正歯科」深澤真一院長が提唱する「スピード矯正(HIスピード矯正)」。コルチコトミーやインプラント矯正という新しい外科的治療を併用する方法だ。速さのために無理をする治療法ではないため、患者の負担も少なく、骨や歯を健康にするというメリットもあるという。「速く、きれいに治したい」という切実なニーズに応えて深澤院長が実践する「HIスピード矯正」についてご紹介しよう。(取材日2013年10月10日)

外科的治療とインプラント矯正を組み合わせた画期的な治療法

Qまず、「スピード矯正」について教えてください。
A
28656 mt 4 q1 1384254135

▲すでに多くの症例と経験を持つ深澤院長

「スピード矯正」は、コルチコトミー(歯槽骨皮質骨切術)やヘミオステオトミー、オステオトミー(歯槽骨骨切術)という外科的治療を併用して矯正期間を短縮する治療法で、アメリカや韓国など矯正先進国では非常に注目されています。私は、コルチコトミーを世界で初めて全体矯正に導入した日本人ドクター・寿谷一教授(米国ロマリンダ大学)、外科矯正の第一人者でスイス人のドクター・トリアッカ先生から直接指導を受け、この治療法と出会いました。そして、歯を削ったり抜いたりせずに、簡単な外科処置とインプラントの併用によって、その人のニーズにあった期間で治療することを「スピード矯正」と定義し、治療を始めました。単に速い矯正治療というのではなく、目標を定めてそれまでに終了させるために、速度(スピード)を考えて行う治療が「スピード矯正」なのです。

Qでは、「HIスピード矯正」はどのような治療法ですか。
A
28656 mt 4 q2 1384254135

▲これまでの矯正の常識を覆すスピード矯正

「スピード矯正」の治療技術をさらに研究し、発展させ、すべての症例に適用できるようにしたのが、ヘミオステオトミーとインプラント矯正を併用した「HIスピード矯正(深澤法)」です。ヘミオステオトミーとインプラント矯正の頭文字を取り「HIスピード矯正(深澤法)」と私が名付けました。この治療によりこれまで2年以上かかっていた矯正治療を約6か月で完了させることも可能になりました。「スピード矯正」の中で最も効果的で、速くきれいに治したいという患者さんの切実なニーズに願いに応えられるものはこの「HIスピード矯正」であると私は確信しています。

Qコルチコトミーやヘミオステオトミーとはどんな治療法ですか。
A
28656 mt 4 q3 1384254135

▲人間の歯本来が持つ性質を利用し、短期間で矯正治療が可能に

コルチコトミーは、歯を支えている歯槽骨の表面の骨(皮質骨)の一部を切除し、歯が動ける範囲を拡大したり、歯が動くときの抵抗を軽減する方法です。ヘミオステオトミーはコルチコトミーをより発展させ、コルチコトミー手術で一部切除した皮質骨の下の海綿骨にヒビを入れて、さらに歯を動きやすくする方法です。オステオトミーは、歯槽骨を直接手術して歯の土台から動かす施術です。成人矯正は、歯を支える歯槽骨が硬く、歯槽骨の表面を覆っている皮質骨が緻密で硬いため歯が移動しにくく、矯正後も元の位置に戻りやすいので後戻りを防ぐ装置を長くつける必要があり、時間がかかるものでした。そこで、硬い骨に切れ目を入れて歯を動かしやすくしようというのが、これらの治療法の考え方です。施術後は異常が出ることもなく、一度切った骨は骨折と同じように回復すると以前よりも丈夫になるという性質から、歯槽骨がより丈夫になり、歯根の吸収が抑えられたり、歯肉の代謝がよくなるというメリットもあることが明らかになっています。

Q銀座矯正歯科ならではの特徴がありますか。
A
28656 mt 4 q4 1384254135

▲数多くのスピード矯正を手掛けてきた安心感

「HIスピード矯正」を安心して受けていただけることが一番の特徴です。私は、1999年からヘミオステオトミーを加えて本格的に「HIスピード矯正」をスタートさせ、現在までに400例以上の治療を手がけています。私が始めた治療法であり、これだけの経験を持つドクターは他にいないと自負していますし、ほとんどの結果は良好です。2012年にはアメリカ矯正歯科学会で私のスピード矯正症例(裏側矯正装置+コルチコトミーケース)が紹介されました。また、ニューヨーク大学の矯正プログラムでもコルチコトミー併用矯正を教えており、世界水準の矯正治療を提供できると考えていただけるのではないでしょうか。当院の「HIスピード矯正」はただ短期間で治療が終了するだけではなく、抜歯をする必要がなく、ヘミオステオトミーは親知らずの抜歯と同程度の施術ですので、患者さんにとっては負担は少ないと言えます。しかも矯正装置をつけてからは、6か月程度で歯を移動することができ、完成した歯並びは、何年もかけて行った従来の矯正治療と遜色なくきれいに仕上がります。

Qこの治療を受けるにあたって、患者側が気をつけたい点はありますか。
A
28656 mt 4 q5 1384254135

▲矯正治療がこれからさらに発展するように導いていく

残念ながら「スピード矯正」に習熟しているドクターは、日本では私を含めてまだほんの一握りしかいませんし、「HIスピード矯正」を行っている歯科医院もごくわずかです。私は「スピード矯正研究会」の会長を務めており、患者様の健康増進への寄与を目的に、会員の先生方と日々矯正治療への研鑽を積んでいます。ヘミオステオトミーやコルチコトミーは、矯正治療に革命を起こしたと言われるほど素晴らしい技術です。だからこそ、確かな治療技術と、信頼に足る実績があり、様々な角度からの検証や患者さんへの丁寧な説明を行う歯科医師であることを確認して「スピード矯正」「HIスピード矯正」を受けていただきたいと願っています。それが患者さんの満足度を高めることはもちろんのこと、矯正治療全体の発展につながっていくと私は考えています。

ドクターからのメッセージ

深澤真一院長

当院では、医師や看護師などの専門職の方が、患者さんとして「HIスピード矯正」を受けてくださる例が目立ちます。専門家だからこそ、この治療法のメリットと信頼性を評価されているのだと思います。「HIスピード矯正」はスピードのみを追求するものではありません。患者さんの望みやニーズに合わせて、治療期間や見え方、そして痛みなどをコントロールする矯正治療です。スピード矯正により、「留学に間に合った」「最高の結婚式を迎えられた」そんな患者さんからの喜びの声と笑顔が、私の励みになってきました。これからも進化する矯正治療の“今”を常に意識しながら、最良の治療をご提供していきたいと考えています。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access