くがやま井の頭通り歯科

くがやま井の頭通り歯科

国枝武靖院長

頼れるドクター

医療トピックス

小児矯正はいつ始めれば良いの?
適切な時期に治療をするメリット

くがやま井の頭通り歯科

自由診療

Top

子どもの歯列矯正はいつ頃から始めれば良いのか。どこのクリニックで治療を受ければ良いのか。どんな治療法があるのか。このような疑問を持ち悩む親も少なくないかもしれない。実際には大人になってからの矯正も可能だが、子どものうちの適切な時期に矯正治療を始めることによって、いろいろなメリットがあるという。自身で保育士免許を取得するなど小児歯科に力を入れ、「きれいな歯並びは、ご両親からの一番のプレゼントだと思います」と語る「くがやま井の頭通り歯科」の国枝武靖院長に、小児矯正に関するさまざまな疑問について答えてもらった。(取材日2017年2月9日)

矯正を専門とする歯科医師に、一般の歯科クリニックで診てもらうメリット

子どもの歯列矯正は、何歳くらいから始めれば良いのですか?

Mt1 ▲発育に合わせ治療できる小児矯正はメリットも多い 子どものうちに矯正治療を始めるのであれば、前歯が大人の歯に生え変わり始めて、奥歯にはまだ子どもの歯が残っている時期、年齢的には7〜10歳の頃が一番良いタイミングです。この時期を第1期治療と言い、成長期であることから歯が動きやすく、発育に合わせて治療ができるメリットがあります。第1期治療で歯並びをおおまかに整えて、大人の歯が生えそろってから行う第2期治療で微調整をすることで、見た目もきれいで機能的にも優れた理想的な歯並びにすることができます。しかし、歯並びが悪いこと自体は病気ではありませんので、必ずしも治療をしなければならないわけではありませんし、もちろん、大人になってからでも矯正は可能です。

子どもの頃から歯並びを整えておくことのメリットは何ですか?

 ▲バリアフリーに対応している院内 歯列矯正は、見た目のことが注目されがちですが、それだけがメリットではありません。歯並びをきれいにすることで、歯磨きの際の磨き残しが少なくなり、虫歯や歯周病のリスクが小さくなることが一番のメリットと言えます。そして、すべてが大人の歯になってからの矯正では、歯をきれいに並べるスペースを作るために、多くの場合で数本の永久歯を抜くことになります。しかし、子どものうちの適切な時期に矯正を始めることで、永久歯を抜歯をせずに歯をきれいに並べることができます。また、矯正をすることで歯の健康に関心を持たせて、歯磨きなどをしっかりする習慣をつけることは、大人になってからの歯の健康を保つことにもつながると思います。

こちらでは、どのような矯正方法がありますか?

 ▲歯並びが悪いと汚れがたまりやすく虫歯や歯周病が進行しやすい 症状や矯正を始めるタイミングによって変わってきますが、当院の場合、子どもの歯と大人の歯が混在している時期には、裏側(舌側)からワイヤーで歯を固定して、外側への力をかけることで歯をきれいに並べながら顎を広げていく方法が基本となります。病院によっては、入れ歯のような取り外し式の矯正装置を使うこともあります。取り外せるというのは、一見メリットが大きいように感じますが、外している時間が長いと、当然のことながら歯の動きが悪くなって治療に時間がかかり、矯正自体がうまくいかないこともあります。そういうことも考えると、固定をして確実に治療を進めたほうが、結果的に時間も短く、確実に治療ができると考えています。

矯正専門のクリニックで治療をすべきか悩んでいます。

 ▲矯正と一般的な治療のどちらも力を入れている 当院のように、矯正の担当医が常駐していない場合、「矯正装置が外れてしまった」とか「当たって痛い」などの問題が起こったときのことを心配する方がいますが、それらに対する処置は、私を含めたほかの医師でもできるので心配はいりません。また、矯正専門のクリニックでは、虫歯の治療や抜歯などの処置は、ほかのクリニックでやってくださいというところがあります。しかしそれは、医師同士やそれぞれの医師と患者さんの意思疎通などを考えても、あまり良いこととは思いません。当院のように、一般的な治療をする医師と矯正を専門とする医師がいれば、密に連携して一貫した治療を行うことができますので、そのメリットは大きいでしょう。

こちらでは、大人も矯正を受けられると伺いました。

5 ▲行きたいと思えるクリニックをめざしていると語る国枝院長 もちろん、受けてもらうことができます。矯正を始めるのに遅すぎるということはありません。当院にも、お子さんが矯正を始めてから私もやりたいということで、親子で治療をしている方もいますし、50代や60代の方もいます。大人の場合は、一般的なワイヤー矯正に加えて装置が目立たない方法もありますので、人と接する仕事をしている方も心配いりません。すべての症例に対応できるわけではありませんが、矯正が専門の歯科医師と相談してマウスピース型の矯正装置も使うことができます。当院では、さまざまな症例に対して適切な治療を行うことができる、経験豊富なベテランの矯正専門の歯科医師に来てもらっています。

料金の目安

1期治療/40万円〜、2期治療/40万円〜、成人/80万円〜

ドクターからのメッセージ

国枝武靖院長

歯の並びは、歯磨きで予防可能な虫歯や歯周病とは違い、自分の努力ではどうにもなりません。そして、きれいな歯並びにして、見た目に加えて虫歯や歯周病になりにくくして、一生を自分の歯で過ごせるようにすることは、ご両親からお子さんに与えられる最高のプレゼントだと思います。当院では、予約制で無料の矯正治療相談会からカウンセリング、治療までを、経験豊富で優秀な大ベテランの矯正を専門とする医師に担当してもらっています。また、その先生がいないときでも、相談は私が受けさせていただきますので、お子さんやご自身の歯並びのことで少しでも気になることがあれば、いつでも気軽に相談をしてほしいと思います。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細