求人情報ON
アマリ歯科クリニック

アマリ歯科クリニック

甘利 佳之院長

27317 %e3%82%a2%e3%83%9e%e3%83%aa%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

地下鉄中野坂上駅の2番出口のすぐそばにある「アマリ歯科クリニック」。大学病院にひけをとらないような設備をそろえ、専門性の高い歯科治療を提供しているクリニックだ。院長の甘利佳之先生は矯正歯科を専門としていたが、患者のニーズに応える形で研鑽を積み、現在はインプラント治療や根管治療をはじめ歯科全般に専門性の高い治療を行っている。イギリス留学の経験があり、語学も堪能。ラグビーやアメリカンフットボールで鍛えた体躯で、日々エネルギッシュに多くの患者の診療にあたっている。その診療にかける思いを聞いてきた。
(取材日2019年2月13日)

大学病院で導入しているような設備で、専門性高く診療

―専門的なジャンルの診療も幅広く提供していらっしゃるそうですね。

もともとは矯正歯科を専門としていたのですが、開業してから患者さんのいろいろなニーズを受け、歯科全般にわたってレベルの高い治療を提供したいと思うようになりました。2004年からはインプラント治療や歯周病の治療を本格化し、2009年からはそういった治療のために歯科用の顕微鏡を導入しました。そこから必然的に根管の治療や歯周病の外科手術、インプラントのサイナスリフト(上顎洞挙上術)、歯牙移植、歯周病治療における再生療法と、専門的な治療を行うようになってきています。

―お休みの日にも勉強や技術の研鑽を積まれているとお聞きしました。

歯科医師は通常、さまざまな処置がある中で6~7割の一般的な治療が自分でできればいいといわれています。それ以上の難しいケースは大学病院や専門の先生にご紹介するのが通常なのですが、私はなるべく自分でできることは自分でやりたいんですね。できれば8~9割の処置は自分の力でと思い、祝祭日に勉強会に参加したりと、常に勉強の意識を持ち続けるようにしています。私が今、他院に紹介するのは、入院の必要な口腔外科の患者さんなどごく少数です。何が得意分野ですかと聞かれると、それぞれの治療に対してこだわりを持ってやっていますとお答えするしかなくて。範囲が多岐にわたるので、確かに休みがほぼないような状態になっていますね(笑)。

―設備が整っているのは、そういった専門性の高い治療を行うためなんですね。

大学病院に導入されているのと、ほぼ同じ設備をそろえるようにしていますので、大学病院や専門の先生と同じような治療の提供をめざせるのが、当院の最大のメリットだと思っています。先ほどお話しした歯科用顕微鏡は最近2台目が入ったところです。CAD/CAMシステムも良い機械なのですが、最近は口腔内のデータを直接技工所に送って、そのデータをもとに材質にこだわって修復物を歯科技工士に作ってもらっています。そうすることで、より多くの時間を診療に割けるようになりました。

―診療の際に心がけていることを教えてください。

まずは患者さんが悩んでいらっしゃること、望んでいらっしゃることを真っ先に改善させることです。さらにそれだけに終わらせず、トータルに患者さんのお口の中の悪い部分をご説明して、どのように治していくのかを丁寧にご相談するようにしています。痛くならないと歯科医院においでにならない方が少なくありませんが、ご本人が気づかないうちに症状が進んでしまっている場合もあります。それをご説明するのも歯科医院の役割かなと思っています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/20万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/30万円~、サイナスリフト/10万円~、歯周病治療における再生療法/4万円~、神経の温存をめざす治療法/3万円、金属以外のかぶせ物:セラミック/5万円~ ※税別



Access