沼崎歯科医院

沼崎歯科医院

沼崎 光 院長

27285 df 1 main 1387268829

ときには1時間以上をかけて、じっくり話を聞く

―治療面で心がけていることはありますか?

やはり、患者さんと真剣に向き合うということでしょう。初診の場合は、まず検査を行います。レントゲン写真、スライド写真、歯周病のチェック、噛み合わせや虫歯の状態などです。次に、検査結果に基づいて、なぜこうなってしまったのか、原因はどこにあるのかを説明します。最後に治療計画のプレゼンです。こうしたコンサルテーションには、最低でも1時間ぐらいは必要ですね、それでも足らないぐらいです。お話しした内容は、すべてファイリングした資料にして、患者さんにお渡しします。ご自宅で目を通していただいて、気になったところがあれば、いつでもお電話くださいと伝えています。

―診療のモットーを教えてください。

繰り返しになりますが、「時間をかけてじっくりと、基本に忠実な治療を心がける」ことでしょう。そうした意味で、歯の磨き方のような、プラークコントロールの指導も行っています。テレビ番組の特集などでも見かけるようになりましたが、こればかりは実際にやってみないとコツがつかめないと思います。歯ブラシが正しい角度で歯に当たっているか、磨き残したところはないかなど、慣れないうちは鏡を見ながらチェックする必要があるでしょう。本当は、朝、昼、晩のうち1回でいいので、歯磨きに歯間ブラシやデンタルフロスもあわせて10分程度時間を割いてほしいのです。テレビを見たり、お風呂に入ったりしているときで構いません。そうした習慣が付けば、あとの2回は、それほど丁寧にブラッシングしなくてもいいでしょう。

―最後に、歯周病について、アドバイスをお願いします。

歯周病の原因となる歯周病菌は、放置しておくと、歯茎の血管から全身へ広がっていきかねません。肺炎や心臓病の発症を引き起こすこともありますし、さらに怖いのは心筋梗塞や脳梗塞の可能性ですね。歯の健康に自信がある人でも、半年に1回は、定期検診を受けるようにしてください。歯周病は、初期の段階では自覚症状があまりないのですが、吐き出した歯磨き粉がピンク色をしていたり歯ブラシに血が付いていたりしたら、要注意です。歯がグラグラするような状態だと、歯周病を疑ったほうがいいでしょう。最悪の場合、物を噛むことができなくなります。そうなる前に治療を始めれば、回復させることはできますので、決して歯の問題と思わず、体全体の健康のためにも、早めの対処を心がけるようにしてください。

記事更新日:2016/01/24

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細