中野デンタルクリニック

中野デンタルクリニック

松尾 幸一理事長

27278 %e4%b8%ad%e9%87%8e%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

中野駅から徒歩5分という好立地のビル内にある「中野デンタルクリニック」。他院では対応が難しいような複雑な治療も手がけることで知られる。松尾幸一理事長は30歳までになんでもできるスキルを身につけようと貪欲に経験を積み、29歳で開院。首尾一貫したスタンスで一切妥協はしない。自身にもスタッフに対しても厳しいが、その背景には、仕事に対しての熱意あふれる思いと誠実で真面目な性格が感じられる。そんな松尾理事長に、診療に対する姿勢やスタッフ教育、今力を入れている食育の啓発活動などについてじっくりと話を聞いた。
(取材日2018年11月20日)

複数分野が絡む難しい治療にも対応

―こちらのクリニックの特徴を教えてください。

一般歯科から矯正、インプラント治療、審美歯科、予防歯科、歯周病治療まで、幅広い分野で専門的な治療を提供しています。特に当院は難しい治療が多く、外科処置や矯正、審美など複数の分野が絡む難しい症例も積極的に受け入れています。立地は私自身がさまざまな街を自分の足で歩いて、歩行者の目線で患者さんが立ち寄りやすい物件ということで探しました。8階建てのビルの2階で一般歯科を、6階はエステティックセンターとして大がかりな治療を行っています。さらに、5階にインプラントセンタ―として手術室を増設するとともにセミナールームの新設を予定していて、地域住民の方への健康増進への啓発活動のセミナーを計画しています。

―患者さんはどういう方が多いのでしょうか。

約8割の方が半径2キロメートルにお住まいの方です。また、インプラントや矯正、噛み合わせなど特殊な治療を受けるために遠方からお越しになる方や海外在住で帰国されたときにおみえになる方もいます。わざわざいらしてくださる方は「何軒も回ったけれども、ここはまったく違う」とおっしゃいますね。それは私が、その治療が必要かどうかはっきりお伝えしたり、もし治療をしなかったらどうなるのかという今後の予測をお話ししたりすることが患者さんにとってはわかりやすいと捉えてくださっているようですね。私たちは診断、治療において十分な経験、高い技術と、正確な診断を支える最新の医療器機を用いて診療をしておりますので、正しい情報の提供とどんな治療ができるかという提案はしていきたいと思っています。

―診療の過程で重視していることはなんですか。

一番は診断ですね。歯科医師は担当制ですが、開業時から継続して週1回は必ず歯科医師だけのミーティングの場を設けて情報共有するようにしています。また歯科衛生士だけのミーティングも毎週1回設けます。初診の患者さんはカルテやエックス線画像などをチェックして私が診断の方向性を指示しますし、クリーニングだけで来院される患者さんも問題があるかもしれませんので、1週間分の情報はすべて目を通すようにしています。担当制ではあるけれども、同じ方向を見ているという感じですね。もし判断や対応が難しい状況になったら早めに報告を上げてもらって、どうすべきなのかきちんとフィードバックをしています。それから、難症例の治療計画の立案も重視しています。治療技術ももちろん大切ですが、歯科医師の力の差が出やすいのが治療計画の立案だと思っているので、しっかりとした治療計画を練るために時間を割いています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

矯正治療/10万円~、インプラント/40万円~、審美(ホワイトニング)/2万円~、審美(セラミック治療)/6万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/3万円~



Access