全国のドクター9,157人の想いを取材
クリニック・病院 161,389件の情報を掲載(2020年5月29日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 台東区
  4. 三ノ輪駅
  5. 三ノ輪歯科
  6. 大澤 正夫 院長

大澤 正夫 院長の独自取材記事

三ノ輪歯科

(台東区/三ノ輪駅)

最終更新日:2020/04/01

27106

東京メトロ日比谷線の三ノ輪駅より徒歩1分という至便な立地にある「三ノ輪歯科」。すべての診療室は広々とした個室で、治療ユニットは人間工学に基づいて設計されたというドイツ製。手術室も備え、デジタルエックス線・歯科用CTの導入など設備も充実している。気さくな笑顔とざっくばらんな口調で、テンポ良く話す大澤正夫院長は、34歳で歯科医師をめざし41歳で開業した経歴を持つ。次々と訪れる患者への対応や、スタッフに指示を出しながらてきぱきと動き回るフットワークの軽さは圧巻だ。「少し遠回りはしたけれど、自分のいるべき場所を見つけることができた。それは、すごくありがたいこと」という大澤院長に、歯科医療への思いを聞いた。
(取材日2019年3月8日)

遅咲きで巡り合えた、一生を捧げる仕事

歯科医師としては、異色の経歴をお持ちだとお聞きしています。

1

私が10歳の時に父が亡くなり、母は女手一つで私と姉を育ててくれました。時代もありましたが、とにかく貧しかった。母は私に医師になってほしかったようで教育費は惜しみませんでしたが、さすがに私立大学に通うのは無理でした。とはいえ根っからの勉強嫌いだった私には、国立大学に入学する学力はありません。ですから高校を卒業後すぐに社会に出て、12の職種を経験しました。しかし、どの仕事も一生を捧げようとは、どうしても思えなかった。そんな私に転機が訪れたのは、30歳を過ぎた頃です。恋心を抱いた女性のお父さんがとある歯科大学の教授だと知り、「だったら自分も歯科医師になってやろう」と奮起しました(笑)。働きながら勉強し、歯学部に合格したんです。

先生はどのような歯科医師をめざされているのでしょうか。

その質問は大学の専門課程が終わりに近づいた頃、よく聞かれましたね。「何言ってるの?」と思いながら、「一般歯科の歯科医師です」と答えると、「一般の、どんな歯科医師?」と突っ込まれ、口ごもるしかありませんでした。しかし、卒業し臨床経験を重ねるうちに、一般歯科の歯科医師にもいろいろあることがわかってきたんです。例えば根管の治療。私も毎日していますが、この治療をしなければならなくなった原因の多くは、根の中や根の先端周囲に細菌が住み着いているから。それは、以前の治療が不完全だったために起こっていることもあるのです。私も幾度となく、そんな歯を治療した経験があります。「どんな歯科医師になりたいのか」という質問をされてから20数年、「早くて安くて長く持つ、うまい治療ができる歯科医師」というのが、私のめざしてきたものだとわかりました。これは、今後も変わることはありません。

三ノ輪に開業した経緯を教えていただけますか。

2

1995年に大学を卒業したものの、まだ何も知らないし何もできない。修行が必要です。そのために、どんなことを聞いてもきちんと教えてもらう術を考え、旧知の仲である高校時代の同級生が歯科医師になっていたので、まずはそこでお世話になりました。木曜と日曜が休みでしたが、休みなんかいらないから、とにかく治療がしたかったんです。そこで「無給でいいから」と履歴書を持参してあちこちの歯科医院へ行き、経験を積ませていただきました。そんな頃、歯科技工所さんの知り合いから「三ノ輪で閉院した歯科医院があるのでそこでやってくれないか」と声をかけられ、その気になって開業したのです。最初は10坪の歯科医院で、次に28坪の物件に、2011年に45坪ある現在の場所に移転しました。

患者に必要な治療のために誠心誠意、全力を尽くす

どういった患者さんが多いのでしょう。

3

開業当時は近所の方が中心でしたが、今は9割がネット情報を見た方で、ときには海外からもいらっしゃいます。ホームページを何度も作り変えるうちに、遠方からの患者さんが増えました。閲覧した方の判断材料となるように、私の治療方針や人間性が見えるさまざまなことを書いています。治療のご相談は、インプラントが多いですが、歯周病、根管治療、親知らず、虫歯など多岐にわたります。私は24時間、携帯で急患対応をしていますので、深夜に連絡してくる患者さんの訴えは、とにかく「痛い」ということ。診てみると、削り方やかぶせ物の適合が悪かったり、根管治療が不十分であったり、といったケースもありました。

治療の際には、どのようなことを心がけていますか。

誠心誠意。嘘は絶対つかないこと。一番許せないのは失敗しても黙っていることなので患者さんにはどんな状況になっても正直に話をしますし、不都合や不満がある状態で治療費の請求はしたくはありません。特に保険外治療では治療技術に対してお金を払っていただくのですから、機能も見た目も満足できなければ治療費を返還するのは当然だと考えています。また初診時には必ず治療方針、治療計画、治療期間、治療費の概略をお伝えし、患者さんにもご納得いただいた上で治療を進めていくことに努めています。もちろん、治療終了後も破損などの各種相談をお受けしています。

力を入れている治療はありますか。

4

患者さんに必要だと思われる治療です。歯は削りすぎちゃったから、ちょっと戻すなんてできません。だからこそ何が必要なのかを見極め、必要な治療だけをしなければならないのです。当院に初めていらした患者さんの中には、その治療の必要性の有無のみならず、今まで自分がどのような治療を受けていたのか知らずにいたというケースも多い。半年、1年と通っているのに、ですよ。だから患者さんも、途中で治療をやめてしまうことも。患者さんだって忙しいですし、治療費のことだって考えると思います。根管治療も歯周病治療もインプラント治療も、患者さんに必要だと思うから全力で行う。それに尽きます。

患者の笑顔を見るために生涯、挑戦と努力を重ね続ける

24時間対応をされているとのことですので、ご自身の健康管理も重要ですね。

5

2000年から文字通り、緊急対応ということで24時間対応をしてきましたが、最近は深夜に治療を行う医療施設も増えてきたので、当時ほど頻繁ではありません。それでも月に15回くらいは深夜の呼び出しがあるので、休めるときは、とにかく休養しています。食生活では、健康のためにおいしいものを食べないようにしています。野菜をメインに肉は食べません。たばこも15年以上前にやめました。長年愛煙家だったのでやめられないと思っていたのですが、ある日「たばこを買わなければいいんだ」という、単純なことに気づいて、すんなりやめられましたね(笑)。健康を維持して、私を頼りにしてくれる患者さんの期待に応えていきたいです。

先生の今後の目標を教えてください。

生涯現役です。100歳まで歯科医師を続けたいですね。世の中に必要とされているのは挑戦し続ける人間であり、挑戦こそが元気の源だと思うんです。私も現状維持のままで良いとは、まったく思っていません。改革することはいくらでもあります。そのためには人の何倍も努力をして、挑戦を続けます。私は、弾けるような笑顔で「何でも噛めるようになりました」と言っている患者さんが見たくて、この仕事をしているんですよ。ですから今後も、患者さんの目線に立つことを忘れずに、信頼される唯一無二の歯科医院をめざして、真摯に取り組んでいきます。

では最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

良い歯科医師を探してほしいですね。多くの方が、優しい、痛くない、混んでいるのが、良い歯科医師、歯科医院だと思ってしまいがちです。けれども、それを基準にして良いのでしょうか。多少厳しいことを言っても、患者さんが理解できるように説明をして、納得できる治療をきちんとすること。それが、本当の意味での良い歯科医師だと私は思います。それを見極めるには、話をすることです。男女の付き合いに似ているかもしれませんね。お互いがどういう人間か知りたいから、たくさん話をするわけでしょう。ですから、わからないことがあればどんどん質問をして、話をして、あなたに合った、あなたにとって良い歯科医院を選んでください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント/1本20万円~

Access