医療法人社団KRMG 東京ヴェインクリニック(池袋本院)

医療法人社団KRMG 東京ヴェインクリニック(池袋本院)

近藤啓介院長

頼れるドクター

血管外科のクリニックで下肢静脈瘤の日帰り手術
より快適な生活を

医療法人社団KRMG 東京ヴェインクリニッ
ク(池袋本院)

保険診療

26412 hr 1 title 1430372455

ふくらはぎの辺りや膝の後ろ側の血管がぼこぼこと浮き出て、見た目がとても気になる下肢静脈瘤。原因は血管内の逆流を防ぐ弁が壊れ、血液が静脈内に溜まってしまうことから起こる。浮き出た血管は放っておいても良くはならず、かゆみや痛み、皮膚の炎症と徐々に進行していく場合もあるという。「東京ヴェインクリニック」では、レーザーやラジオ波を使用した下肢静脈瘤の日帰り手術を行っている。近藤啓介院長に詳しく話を聞いた。(取材日2015年4月15日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

下肢静脈瘤の治療法について教えてください。

比較的小さいものであれば、硬化療法といって、血管に硬化剤を注入して閉塞させる治療を行いますが、大きいものであれば、2014年から保険適用となった1470ナノメートルのレーザーやラジオ波などのカテーテルを使った血管内治療を行います。また、手術の必要のない方や希望されない方などは、弾性ストッキングという圧力のあるストッキングを履いて症状を和らげる方法もあります。

血管を焼いても大丈夫なのでしょうか?

静脈瘤ができるのは皮膚の表面の静脈です。ほとんどの血液は深部にある太い静脈を通って心臓に戻るので心配はありません。また、焼かれた静脈は、数ヵ月かけて繊維化した後に、体組織に吸収されていきますので安心してください。

再発しやすいのではないかと心配しています。

再発率が高いということはありません。レーザー手術による再発率は極めて少ないという長期成績が出ています。ただし、静脈瘤になりやすい血管はいくつかあるので、他の静脈にできる可能性はあります。また、遺伝的になりやすい体質の方もいらっしゃいます。

検診・治療START!ステップで紹介します

最初は問診票への記入

具体的にどのような症状があるのか、いつ頃から続いているのかといったことを問診票に記入する。他にも既往歴やアレルギーの有無、手術の有無、治療に対しての要望も記入できるので、気になることがあったら些細なことでも書き込むといい。お薬手帳などを提出して、現在内服している薬を知らせると体の状態も把握しやすくなる。

問診と視診による診察

立ち仕事や座り仕事では静脈瘤発症のリスクが高まるため、職業歴や生活習慣などを問診し、足のどの部分に静脈瘤があり、どのくらいの大きさかもチェックする。下肢静脈瘤は遺伝もあり、片方の親にあると40%、両親ともにあると90%の確率で発症するとも言われている。受診の際は事前に家族に確認しておくといい。

超音波を使用した検査

検査がしやすいように、クリニックの検査着に着替え、超音波で足の血液の逆流の度合いや、静脈瘤の状態を詳しく観察していく。横になると静脈瘤がわからないので、診察台に立った状態で検査をする。ここで手術が必要と判断されると、術前検査で身体の状態をチェックし、問題がなければ後日日帰り手術を行う。

治療開始(レーザー治療の場合)

手術前に超音波検査をしながら、本人と手術箇所の確認をする。局所麻酔のあと、焼灼する血管内にレーザーファイバーを入れて、内壁を熱で焼き閉塞させていく。手術時間は約20分。手術後は弾性包帯を巻いた上から弾性ストッキングを履き、しっかりと圧迫する。術後すぐ歩くことができるので、自分で着替えて1時間ほど休息をとってから患部をチェックし、問題がなければ帰宅となる。

術後のケア

手術後はしばらくの間弾性ストッキングを履いて手術した脚を圧迫する。術後一週間は激しい運動を控えるが、日常生活は普通に送れる。一週間後に診察して手術部位をチェックし、問題がなければ運動の制限もなくなる。

ドクターからのメッセージ

近藤 啓介院長

当院では診察から検査、手術に至るまで、すべて経験豊富な血管外科の専門科が行っています。また、東京大学医学部附属病院や埼玉医科大学病院、杏林大学医学部付属病院など、都内外の医療施設の血管外科ともしっかり連携がとれているのが特徴です。わかりやすく丁寧に患者様に説明するようスタッフ一同心がけています。下肢静脈瘤は急速に悪化するわけではありませんが、見た目の問題や足への負担もあるので、症状が進行しないうちに、一度専門の医療施設を受診することをおすすめします。

読者レポーターのメッセージ

松村倫子さん

女性は妊娠や出産といった大きな仕事があり静脈を圧迫しやすいため、男性よりも下肢静脈瘤を発症しやすいそうです。手術後の再発防止や、新しい静脈瘤の発症を防ぐためにも、運動をして足の筋肉を動かすことがとても重要とのことです。その他にも、治療方法や予防策などもわかりやすく説明してくださいました。「東京ヴェインクリニック」の日帰りレーザー治療は、手術直後から歩くことが出来、痛みも少なく、翌日から仕事に復帰できるとあって、忙しくて治療をためらっていた方も一度相談してみることをお勧めします。

記事更新日:2017/07/06
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細