つちや歯科医院

土屋徹郎 院長

26332 df 1 main 1415666100

大切なのは親しみやすさ。敷居が「低い」歯科医院をめざして

―お忙しい毎日を過ごされているかと思いますが、ご趣味などはありますか?

スポーツとアウトドアですね。小さい頃から外で遊ぶことが好きで、中学の頃はサッカー部に所属していました。ただ、人の足を引っ張りたくないという思いから、試合に出るのが嫌になってしまったんです(笑)それで、高校からは個人競技であるテニスを始めました。それが肌に合って、今でもテニスは続けています。大学時代は福島県で過ごしたんですが、あちらは東京よりも四季がはっきりと移り変わるので、季節ごとのアウトドアを楽しんでいましたね。特に釣りが好きで、今でも休みの日には茨城県の土浦や利根川に足を運んでいます。夜中の2〜3時には家を出て、お昼の12時くらいに帰ってきて、あとの時間は家族サービスという感じですね(笑)

―今後の展望についてはどのようにお考えですか?

あまり忙しくなりすぎるとお一人おひとりと接する時間が減ってしまいますから、現状をキープしながらゆったりと診療を行っていきたいと考えています。患者さんのご希望にお応えすることができるよう研鑽を積みながら、歯科医師として、父のように患者さんから慕われる存在をめざしていきたいですね。

―ありがとうございました。最後に、読者へのメッセージをお願いいたします。

当院がめざしているのは敷居が「低い」歯科医院です。アットホームで親しみやすい医院作りを心がけていますので、気軽な気持ちでぜひ一度お越しください。僕が大切にしているのは、治療を進めながら、人としての信頼関係を築くことです。患者さんと医師も1対1の人間同士ですから、初対面のうちはなかなか打ち解けられませんよね。歯科医院は緊張して訪れる方が大半でしょうからなおさらです。まずは僕がどういう人間なのかをわかっていただければ患者さんもリラックスできると思うので、積極的にこちらからアプローチします。「こういう話をしても平気なのかな」と思っていただけたら、ぜひいろいろなお話を聞かせてください。「歯が痛い」だけではなく、歯に関するお悩みやわからないことがあれば、どんなことでも気軽に相談できる存在となれれば幸いです。



Access