つちや歯科医院

土屋徹郎 院長

26332 df 1 main 1415666100

十分な時間を確保して一人ひとりの診療に専念

―診療にあたって、具体的にはどのようなことを心がけていますか?

一言で言うと、上から目線にならないことです。歯科医院に対する怖くて敷居が高いイメージを拭えるように、コミュニケーションを大切にした診療を心がけています。雑談でもいいので、患者さんにできるだけ話しかけて距離を縮めることですね。治療中は口を開けていただくので基本的に患者さんは喋れませんが、黙々と治療をするよりは、僕が話していたほうが患者さんもリラックスできると思うんです。時々、会話がメインで治療はついでのような感覚で来院される患者さんもいらっしゃいますが(笑)それも歯科医院の一つのスタイルとしてありなんじゃないかと思います。

―ホームページには「とことん相談」という理念も掲げられていましたね。

そうですね。当院では保険内診療をベースにして治療を行いますが、歯科治療には自費診療という選択肢もあります。ですから、すべての選択肢のメリットやデメリットをお伝えした上で、患者さんに治療方法を選んでいただくようにしています。説明の際に気をつけているのは、なるべくわかりやすい単語を使うこと。専門用語を出すと、患者さんに意味が伝わりにくくなってしまいます。きちんと理解していただけるように、患者さんの目線に立ってお話しするということは常に意識していますね。

―診療時間を長めに取られているのは、そういった部分も背景にあるんでしょうか。

コミュニケーションを十分に取ることももちろんですし、丁寧に治療を行うという目的もあります。一度に複数の患者さんを診るとなると、緊張したままの状態で一方の患者さんをお待たせすることになります。それでは患者さんもつらいですし、機械的な感じがしてしまいますよね。ですから、できるだけ患者さんの予約枠が被らないように調整して、お一人おひとりに対してじっくりと治療することを心がけています。

―では治療に関して、先生が得意とされているのはどういった分野ですか?

口腔外科という分野が専門なので、親知らずなどの手術ができるのは当院の強みですね。開業医における一般的な診療内容には大まかには虫歯治療、歯周病治療、被せ物や入れ歯などの補綴(ほてつ)、口腔外科という診療分野があり、口腔外科以外は開業医なら、ある程度はできて当たり前だと考えました。そのため、オールラウンドに対応できる歯科医師になりたいと思い、大学卒業後は医局に残って口腔外科を学びました。



Access