山田循環器科医院

山田循環器科医院

長村 好章院長

頼れるドクター

26181 df 1 main 1403077162

ホームドクターを軸に、ニーズに合った診療を

―今後の展望を教えてください

患者さんの悩みに幅広く応えられるよう努力しつつ、循環器の治療を得意とする専門性を今後も生かしていきたいですね。特に気になっているのは先ほどもお話した生活習慣病の患者さんが増えてきたこと。中には30代の方もいらっしゃるんです。そういった患者層の変化を受けて、以前は月に1度だった糖尿病外来を2回に増やしました。生活習慣病の中でも特に糖尿病の患者さんが多くて、高血圧や脂質異常症の人も糖尿病を合併することがあります。クリニックのベースは患者さんの人生相談にまで応えていくホームドクターなんですが、時代の移り変わりによって患者のニーズに合った診療ができるよう、柔軟に進化していきたいですね。

―先生のプライベートについてお聞きします。健康のために気を付けていることはありますか?

「しっかり食べる、しっかり動く」ですね。食事は3食しっかり摂って、運動については日頃からウォーキングやサイクリングを楽しむようにしています。特に、サイクリングは健康にいいだけでなく、気分転換にも最適。川沿いの一本道を延々と走りながら、春には桜を、初夏には新緑を楽しんているうち、気分もリフレッシュしてすっきり。いいストレス解消になっています。

―最後に、読者の方へメッセージをお願いします

最近は30代〜50代の、いわゆる働き盛りと言われる年代のなかで、ストレスに起因する病気が目立つようになりました。「なんだか体調が優れないんだけど、検査しても、どこにも異常が見つからない」など、原因がはっきりわからないからこそ、不安だけが増すんです。そんなときにはひとりで悩んでいないで、「医師」という相談相手を見つけてみるのも、一案だと思います。お話のなかで、「息切れがする」「動悸が激しい」など、心疾患の疑いが考えられる初診の患者さんは、丁寧にお話を聞くようにしています。みなさんの、心身両面からの健康的な生活をサポートするのが医師である私の務め。誰かに話を聞いてもらうだけで解決策が見つかることもありますし、心の重しが取り除かれてふっと楽になることもあるでしょう。いつでも気軽な気持ちで足を運んでいただけるような、身近な存在でありたいですね。

記事更新日:2016/09/08


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細