慈愛病院

吉田勝俊 理事長

25977 df 1 main 1434597586

乳がんや消化器がんの検診に注力し、早期発見に貢献する

―外来診療で特に力を入れておられるのは何でしょうか?

私と副院長の専門が消化器疾患ですから、これは大事にしています。内視鏡、超音波、CTなどで的確に診断し、専門医療が必要であれば大学病院などに紹介します。また、私は大腸肛門病専門医でもありますが、文京区内には肛門病を専門的に診る病院はありません。大学病院は通常、あまり肛門病は診療しないのです。そこで、当院できちんと診断し、手術が必要なら専門施設に紹介します。肛門病で悩んでいる人は多いのですが、最近は手術をしない治療法も進歩してきましたし、多くの人は手術しないでも治せますので、そうした治療は当院で行います。また、検診にも力を入れています。例えば、胃がん検診は、文京区の中では非常に症例数の多い施設のひとつとなっています。内視鏡検査は予約なしでも引き受けていますから、フットワークの良さも当院の特徴といえるかもしれません。

―先生が医師を志した理由を教えてください。

当院は私の祖父が開設し、父や叔父も院長を務めました。私は病院の5階にあった自宅で生まれ育ちました。父は、夜でも病院に呼ばれて、緊急手術などをしていました。昼休みには父や祖父が自宅に戻り、医療の話をしていました。そんな環境で育ったものですから、人間と真正面から向きあう医師という仕事を自然にめざすようになりました。消化器外科を選んだのは、当時から当院では胃や大腸、急性虫垂炎などの消化器系の手術や内視鏡検査が多かったからで、医師としてある程度力を付けたら戻ってくるつもりでした。北海道大学医学部を出た後、診断から手術、病理検査まで一貫したトレーニングをしてくれる東京女子医科大学病院の消化器外科に入り、特に大腸肛門病の診療、研究に従事しました。今は、手術はしませんが、腹部の病気については緊急性の有る無しや、手術が必要であるかどうかは判断できますので、消化器外科医の経験はかかりつけ医としての仕事に役立っています。北大ではスキー部に所属しクロスカントリースキーに熱中しました。真っ白な雪原に敷かれたコースの上を、ゴールに向かってひたすら走ることが好きでした。同じような意味で、今はランニングが趣味ですね。

―地域の方々や読者の方々にメッセージをお願いします。

病棟では、これからも高齢者の人生を見つめ支える、良質で安心できる医療・介護を、外来ではかかりつけ医として地域住民の健康を守る医療を提供していきます。また、2人に1人ががんになる時代ですから、今後はがん検診にもっと力を入れたいと思います。特に乳がんは若いうちから発症する可能性があります。当院でも乳がん検診を行っていますが、読者の皆様も、ある程度の年齢になったら、ぜひ、がん検診を受けていただきたいと思います。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細