東京医科歯科大学医学部附属病院

大川 淳病院長

25862

中央線御茶ノ水駅から徒歩で約5分、東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅から徒歩で約2分のところに位置する「東京医科歯科大学医学部附属病院」。歯学部附属病院と並立し、「安全良質な高度・先進医療を提供し続ける、社会に開かれた病院」の理念のもと、37の診療科と21の中央診療施設を擁する。難病治療部や救命救急センターの体制も整っており、行き場のない患者に対してしっかりとした医療を提供できる体制を強みとする。2016年4月より、整形外科を専門とするの大川淳先生が病院長に就任。医療安全や医療教育のシステムづくりにも携わり、広い視野で病院の運営を行っている。大川院長に、診療ポリシーや地域の病院との協力体制、今後の展望などについて聞いた。
(取材日2016年5月17日)

難治性疾患や救急も網羅する開かれた病院

―病院の紹介をお願いします。

当院は、37の診療科と21の中央診療施設があり、年間の患者さんは約54万人ほど。潰瘍性大腸炎・クローン病、膠原病・リウマチ、神経難病、頭頸部・頭蓋底腫瘍といった難治性疾患の診断・治療を得意としており、新たな治療法の開発にも取り組んでいます。腎・膀胱・前立腺がん先端治療では、「ミニマム創内視鏡下手術(腹腔鏡下小切開手術)」による低侵襲手術に注力。患者さんへの負担を抑えられることから、多くの注目を集めています。また、チーム医療を通して、身体面だけではなく精神面、社会面などさまざまな側面からの緩和ケアも展開。2017年には、末期がん患者さんの痛みに寄り添い、在宅復帰をお手伝いする15床の緩和ケア病棟が完成予定です。救命救急センター、災害拠点病院としての機能も備えており、行き場に困った患者さんに医療を提供している点も強みと言えるでしょう。

―病院長に就任するまでの経緯をお聞かせください。

私は過去、20年ほど整形外科の医師として働いた後、一旦現場を離れて医療分野の安全管理対策や医学教育に携わりました。2009年に再び医師としての勤務を再開し、その後、当院の病院長に就任した次第です。診療を多く経験されている先生方とはひと味違う経歴をたどってきましたが、「病院の要」とも言える医療安全や医学教育のシステムの立ち上げから関わることで知己が広がるなど、たくさんの収穫がありました。院長への就任後は、平日の業務に加えて土日に学会活動があるため、休みがほとんどない状態が続いています。そんな中でも健康を保つ秘訣は、夜10時半就寝、朝5時起床という朝型生活です。日本は夜型社会ですから、残業して夜働いている人イコール仕事を頑張っている人のように見えますが、私はそうは思いません。食べ過ぎや飲み過ぎは控え、なるべくストレスをためないことも大切ですね。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細