三浦矯正歯科

三浦矯正歯科

三浦 弘貴院長

25584 df 1 main 1347247160

患者自身の歯で咬み合わせを形成する矯正の魅力

―先生が歯科医師になり矯正を専門に選ばれたのはなぜですか?

子どもの頃から人に喜ばれる仕事に就きたいという思いがあって、野球選手や医師になりたいと思ったこともありましたけれど、なぜか歯科医師になっちゃったんですよね(笑)。矯正を専門に選んだのは、歯科の分野の中で唯一、患者さん自身の歯で咬み合わせを作る分野だったから。入れ歯や詰め物は、人工的に作るものですけれど、矯正は患者さんの歯を動かして咬み合わせを作る。そこが非常に魅力的だなと思ったんです。

―お忙しい先生ですが、趣味を楽しまれることはあるのですか?

スポーツ全般が好きで、オリンピックの中継を見るのはもちろん、プロ野球の試合結果は全部把握しないと気が済みませんし、高校野球がある時はトーナメント表を模造紙に描いて、部屋に張っています。私自身も学生時代を通じて野球をしていましたが、並行してずっと続けていた趣味がピアノの演奏です。幼稚園で習い始めた時は大人にやらされている感が否めず、ピアノの練習よりも外で遊びたいと思った時期もありました。でも、先生がとても寛容な方でクラッシック専門の教室でしたが、自分の好きな曲を弾くことを許してくれたんですね。それでだんだん楽しくなってきて、結局大学生になるまで続けることになりました。歯科医師になってからは練習に割く時間がなくなってしまったので、ちゃんと指が動かないもしれません。そんなわけで今、音楽は聞くのが専門ですね。いい音楽であれば、ジャンルを問わず何でも聞きます。

―ところでホームページの自己紹介文に「育児はお手のモノ」との記載がありましたが。

3人の男の子のパパとして、以前は子どもたちとよく遊んでいましたが、今は小学校の高学年になりましたから、私がいなくても勝手にやっていますよ。小さい頃はよく野球やサッカーをして遊びました。野球はプロ野球チームの野球教室に入れたこともありましたが、レベルが高すぎたのか、最後は「野球なんて嫌い」と言って辞めてしまいました。ただ、プレーするのは嫌でも試合観戦となると別のようで、今でも休日に試合を一緒に見に行くこともあります。きっと野球場でお土産グッズを見たり、お弁当を食べたり、オレンジのタオルを振りまわして応援したりするのが楽しいんでしょうね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細