ドクタースパ・クリニック

鈴木芳郎 院長

25500 df 1 main 1342767309

東急東横線・代官山駅から徒歩2分、美術館のような佇まいの建物の2階にある「ドクタースパ・クリニック」は、フェイスリフトを中心としたアンチエイジング治療を専門とする美容外科クリニックだ。院長の鈴木芳郎先生は、メディアで「リストアップの魔術師」として紹介されたこともある、フェイスリフトの第一人者。形成外科の専門医として顔面外傷の手術など数多く手掛けてきた豊富な臨床経験と確かな技術を頼り、全国から患者がやってくるという。そんな鈴木先生にフェイスリフトに関するさまざまな疑問、質問にお答えいただいた。
(取材日 2012年7月3日)

効果と安全性を両立できるフェイスリフトが目標

―開業の経緯を教えていただけますか?

開業は2010年の12月です。代官山を開業の地に選んだのは、代官山という街が好きだったからです。以前、恵比寿の病院に勤務していた経験があるので、土地勘があったこともありますが、開業をするなら、ごみごみしていない、静かな場所にしたいという思いがありました。もう一つの決め手となったのが、交通アクセスです。全国から患者さんがいらっしゃるので、羽田空港からも、新幹線の停車駅である東京駅や品川駅からもアクセスがいい場所という視点で開業場所を探しました。最初は品川近辺で探していましたが、いい場所が見つからなくて、品川から少しずつ離れながら探していくうちに、代官山まで来てしまったという感じですね(笑)。

―フェイスリフトの第一人者である先生が、治療に際してこだわっていらっしゃる点は?

老化に伴うしわやたるみを改善する施術としては、レーザーや高周波などの機械も開発されていますが、効果の持続性という点で、フェイスリフトに勝る治療法はないと私は考えています。とはいえ機械に比べて、ダウンタイム(施術に伴う腫れや痛みが回復し日常生活に戻れるまでに必要な期間)が長くなるなどのリスクがあるので、実際にフェイスリフト手術を希望されるのは、アグレッシブなごく一部の人たちに限られてしまっているのが現状です。もっと多くの人たちに受け入れていただくためには、術後の腫れを少なく、ダウンタイムをできるだけ短くしていく必要があるでしょう。一番単純な方法は、切開やはく離をできるだけ小さくすることですが、それでは皮膚の引き上げ効果が落ちてしまうし、持続期間も短くなってしまう。そのため当院では効果がしっかり出て、持続期間が長いにも関わらず、ダウンタイムは短く、日常生活に早く戻れることができるフェイスリフトを目指し、日々努力を重ねています。

―それでも、メスを入れる施術に抵抗を感じる方は多いのではないでしょうか?

そうですね。ですから当院では一般の方のフェイスリフトに対する理解を深めていただく場として、月1回、「フェイスタッチカウンセリング」という無料セミナーを開催しています。セミナーでは当院で手術を受けたモニターさんに必ず出席してもらって、実際に参加者の皆さんご自身の目でフェイスリフトの若返り効果や傷あとの状態などを確認していただきます。やはり体験者の生の声というのは医師の説明の何倍も説得力がありますから、「痛みはありましたか?」、「人前に出るまでにどのくらい時間がかかりましたか?」などと、皆さん、熱心に質問されていますよ。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細